ビジネスサポートあうん
【岡本吏郎 新刊のご案内】『ビジネスパーソンのための易経入門』が発売になりました。

約半年ぶりに私の新刊が発売されました。

『ビジネスパーソンのための易経入門』

今回は、易の入門書として書かせていただきました。

【まえがき】は、次の文章ではじまります。

おそらく、私は、『易経』を知っていたおかげで、かなり人生を上手に過ごしてきた方ではないかと思います。

いろいろなことがありましたが、辛いことを目の前にして屈することもなければ、順調に展開していく自分の事業や生活に対して調子に乗ったり、有頂天になることもあまりありませんでした。

易経の教えは、表面的な取っ付きづらさとは相反して、
とてもシンプルで応用がしやすいものです。

そして、私は20代の頃より、私自身の人生と
中小企業コンサルティングの現場で応用してきました。
はっきり言って、ハーバードビジネススクールの教えなんかより何倍も役に立ちました。

私は、易の専門家ではありません。
易の学校に通ったこともなければ、権威ある先生に教えを請うたこともありません。
ただただ、『易経』の世界に感服し、『易経』そのものと対峙、格闘してきた…。
つまり独学で学んできました。
そして、実務の世界で格闘しながら『易経』の教えを利用し続けてきました。

そして、今回、易の入門のための道筋をつけると同時に、
専門家では書けないであろう結論も書いています。

目次の一部をご紹介します。

  • 「易」は無意識に接近できる道
  • 学び方を間違う危険
  • 騒々しさの後の破綻
  • 世の中は「後知恵」に満ちている
  • 変化の法則性
  • 易の試みは「現象の理解」
  • 世界のちょっとした知らせ「外応」

私の心のなかでは、この本は「構造三部作」の最後に位置する著書であり、
次に続く数冊の企画の出発になる本です。

前作(「本気で使える経営計画の立て方・見直し方」)を
お読みになった方々は是非ともお読みください。

また、前作をお読みでない方もできたらお読みください。

よろしくお願いします。

『Amazon』でのご購入はこちら