有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2009年02月17日 172号

1.TAROの独り言

家のハードディスクレコーダーがいっぱいいっぱいであることに気づかず、『ガンダムOO』第16話を録画しそこねる・・・

2.TAROくんの頭の使い方

第3章(5) ペナントレースに大きなどんでん返しはない

高校野球はどこが勝つかわからないらしい。
私は野球は詳しくないので、断定はできないが、前年の優勝チームが1回戦であっさり負けるようなこともあるようだから、そうなのだろう。

3.まーけ塾レポート(2009年1月開催)

(7)20代が起こす合成の誤びょう

『週刊東洋経済』2009.1.10号によると、若者の平均支出は11万5500円。平均収入が15万4500円。
よく言われる若者の貯蓄傾向がよく出ている数字ですね。

4.Q&A

サラリーマン編NO2

  1. サラリーマンに向いている人/向いてない人ってどんな人だと考えてますか?
    <昔は自分は向いていない気がしてましてが、今はよくわからなくなりました。まあ、上手にできる自信はありますが、それがスキかと考える、ウーンと唸ってしまいます>
  2. どうすれば向いている/向いていないがわかりますでしょうか?
    <奥さんに聞くのがいいのかもしれないですね>
  3. 都心のサラリーマンは通勤時間と住居費の反比例(まあ、子供への環境なども考慮するので単純ではないのですが)なのですが、岡本さんだったらどっちを選びますか?
    A. 郊外で通勤時間70分。Bより5万円安い。周辺の環境(教育やモラル)は良い。
    B. 都心で通勤時間10分。Aより5万円高い。周辺の環境は良くない
    <筋が悪い質問ですね。でもけっこう多い悩みなんです>
  4. 共働き(夫婦ともサラリーマン/ウーマンということです)ってどう思いますか。うちは共働きなのですが、経済的、将来的な奥さんのアイデンティティなどメリットも多いのですが、逆にデメリットが見えてないです。
  5. サラリーマンは将来に向けて資産運用をどうすべきですかね。最近は401Kがそこかしこで導入されていますが、貯金かパッシブファンドの2択なので、話に聞く米国との選択肢の数は大違いです。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

莊子

6.砂漠の中から本を探す

7.構造で映画を見る。時々、いいかげんに映画を見る

8.TAROの迷い言

9.プレゼントコーナー

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー