有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2012年10月16日 368号

1.TAROの独り言

小学校5年生と中学2年生の女の子たちと
細田守の『時をかける少女』のラストシーンの話で盛り上がる・・・

2.どうして、こんなに予言的?

■40歳定年制

1968年、ドラッカーは、『断絶の時代』にて、
40歳代定年制を提言しました。
そして、“第二の仕事の卸売市場”を作る必要があると言いました・・・

3.まーけ塾レポート(2012年9月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. AKBとプロモーション
  2. 21世紀の御用達
  3. 闇鍋商法と商売の本質
  4. 東京に行かない・・ということ
  5. ユーザーイノベーションを時間をかけて考える
  6. 松本ハウスの復活
  7. ミャンマー進出の歴史
  8. 気をつけろ!資産フライト
  9. 中国バブル崩壊は来る(?)
  10. QE4を考える
  11. 株は割安ではない
  12. 野村も終わる、いろいろ終わる・・

(5)ユーザーイノベーションを時間をかけて考える

先月、『実践のためのドラッカー解読CDシリーズ 無料セミナー』を
行いました。そこで、材料に使ったのが「イノベーション」です・・・

4.Q&A

岡本先生こんにちは。

経営者の妻です。

当社の社長が若い従業員になめられています。
ため口を聞かれたり、業務命令に反対意見を述べたりします。
このままでは会社組織がおかしくなりそうで、
社長自身に態度を変えて欲しいのですが私から言っても
効果がないように思います。

岡本先生のようなコンサルタントの方や、税理士さんなど、
第3者から社長に進言していただくのがいいのかな?と
思っているのですが、どうなのでしょうか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『ラ・ロシュフコー』

6.砂漠の中から本を探す

7.構造で映画を見る。時々、いいかげんに映画を見る

8.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー