有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2013年08月13日 412号

1.TAROの独り言

今回もモンゴル話です。

モンゴルには、アコースティックギターを持って行った・・・

2.コブラツイストは、ツボに効く

■チューニング

先週、私達の人生のほとんどを占める“繰り返し”について考えてみた。
この件について、もう少し考えてみたい・・・

3.まーけ塾レポート(2013年7月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 『ブルームンバーグ』はアベノミックスを“The Sugar High”と呼ぶ
  2. 次に急落するのは何か?
  3. ニセ輸出疑惑の潜伏期間
  4. 地銀の預証率の怖さ
  5. 何もしても預金は増える
  6. CDS残高が増えている
  7. 中国「影の銀行リスク」は、2006年の今頃と同じ動くになるか?
  8. 農協ビジネスというプロフィットプール
  9. 泳ぎながら聞けるウォークマン
  10. プロレスのプチ復権
  11. スタバの領域拡大
  12. ピークタイムがビジネスチャンス
  13. ネットレジが手軽になってきた
  14. でたらめ不動産ファンド
  15. 家族信託の利用

(3)ニセ輸出疑惑の潜伏期間

中国の貿易統計をめぐって疑惑が噴出しています。

中国本土と香港の輸出入で、数字の乖離が激しいのです。
中国の「ニセ輸出」疑惑騒動が起きているということです・・・

4.Q&A

岡本先生 こんにちは。

私は40歳の勤務税理士です。
税理士を目指す者であれば誰でも考えると思いますが、
私も例にもれず、現在独立を考えています。

しかし、独立してどういう事務所にしたいかという明確なビジョンはありません。

独立を考える理由は、

  1. 税理士資格を取ったら独立という漠然としたイメージが強い
  2. 年齢的に楽をしたくなってきたので、拘束されず、自由に仕事がしたい
  3. サラリーマンだと求められることが多い割には収入が少ない
  4. 独立しても、家族を養う程度は稼げるんじゃないかと楽観視している
    (今は妻が働いていないので、共働きになればむしろ収入が増える?)

です。

ですが、理由だけを見ると、
単に現在の面倒から逃げているだけのような気がします。

とはいえ、税理士が独立する理由は、8割方同じなのではないかと。。。

特に、組織で働くのが得意ではなく、
非効率な仕事が大好きな人種が多いので。

岡本先生に、こんな考えの私に一言いただければと思い、
メールさせていただきました。

もちろん、罵倒されるのを覚悟しております。
よろしくお願いいたします。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『森 博嗣』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー