有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2014年5月20日 453号

1.TAROの独り言

4月の長期出張が続いて、今年も地元の桜が見れないと思っていたら、寒い日が続いたのか桜が持ってくれた。

2.コブラツイストは、ツボに効く

■"きずな"

20年来のお付き合いのある方から、次のような問いかけをいただいた。
「"きずな"って何でしょう?」

3.まーけ塾レポート(2014年4月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ユニクロ正社員化の意味
  2. 『Airbnb』という選択
  3. 自動車というコモディティー
  4. 友達レンタル
  5. 高卒社員というリソース
  6. 2つの『ペンタゴン経営』
  7. ヤフーショッピング、その後
  8. アマゾンの問屋機能
  9. 近畿大学と豊島園
  10. ヒップホップと矢沢永吉、そして私たち
  11. 顧客とコスト
  12. WEAR撤退の素早さ
  13. 三菱鉛筆を見る
  14. 大麻解禁とクジラの裁判
  15. 粗食と肉食
  16. 害虫の逆襲

(6)2つの『ペンタゴン経営』

80年代に一世風靡した『ペンタゴン経営』の一角だったカネボウが破綻し、逆に生き残った旭化成のことは、多角化経営を流行と捉えて、その前提についていろいろ言及したことがありますが、『週刊東洋経済』2014.04.19号に、この2社の比較が記事になっていました。・・・

4.Q&A

いつもありがとうございます。 お客様とビジネスの話しをする際に口ではやる気を言葉にしているのですが 態度ではそう感じられないケースがあります。 そのお客様は目をこすりながら目をほとんどあわせない、身体は落ち着かない様子でした。 このようなお客様からご相談を受けた場合、岡本先生はどのような態度で接するのでしょうか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『レッドフォード・ウィリアムズ』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー