有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2014年11月18日 479号

1.TAROの独り言

子供の頃の感覚、そして、今の感覚にどんな違いがあるのでしょうか?
母の法事を終えて思うのですが、子供の頃大好きだったおじさんとおばさんが、今はとてもウザく感じます。・・・

2.どうして、こんなに予言的?

■才能

残念ながら、ボクにはヴァイオリンの才能はなく、憧れのこの曲(フェリックス・メンデルスゾーンの『ヴァイオリン協奏曲』の遥か手前で挫折した。

しかし、子供心にも"ボクには無理だな"とわかっていた。・・・

3.まーけ塾レポート(2014年10月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 民法大改正
  2. 今度は、ハイレゾにはまった職人日本
  3. 日本の富裕層、再確認
  4. 円安の行方
  5. 法人税のパラドクスの底はすでに割れている
  6. 3Dプリンタで家をつくる 
  7. 日経MJ「新星失速、急成長のワナ」 
  8. HMVのアナログ店

7.日経MJ「新星失速、急成長のワナ」 

9月17日の『日経MJ』には、私が『VIPミーティング』などで、その絶好調の時から、「必ず沈む」と方言してきた2つの外食産業の不調ぶりが記事になっていました。・・・

4.Q&A

従業員の採用について質問です。
当社では継続的に採用活動をおこなっていますが、履歴書等の書類を見ても、また実際に面接をおこなっても、採用したいと思うに至るのは女性ばかりです。

仕事の内容的には女性、男性どちらでもできる内容なのですが、女性だらけの会社になってしまうことに私自身、少なからず抵抗があり、男性社員を採用したいのですが、採用したいと思う男性応募者は、ここ数年ほぼ皆無に等しい状況です。

こうした場合、結果として女性ばかりの会社になったとしても、女性を採用すべきでしょうか。よろしくお願い致します。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『映画「ハンナ・アーレント」より』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー