有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2015年2月3日 491号

1.TAROの独り言

正月休みを終えて、東京のマンションに25日ぶりに行く。
エレベーターに乗って階を押そうとすると、一瞬だけど、階がわからない。
このド忘れには、さすがに苦笑。

2.TAROくんの独り言拡大版

■交換条件

昨年の7月、新聞、テレビで、
「ニクソン米大統領、日米繊維交渉で佐藤首相に怒りの書簡 外交文書公開」(朝日新聞)
というニュースが流れた。・・・

3.まーけ塾レポート(2015年1月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. イスラエル企業の正体を見れば、流れがわかる
  2. 日経ビジネスの「1ドル150円経営」という記事
  3. インダストリー4.0のお話
  4. 住宅産業の未来
  5. ドーナツと絶対優位の戦略
  6. 『ASOViEW!』 
  7. 認知症700万人へ
  8. 売れない実家と空き家ビジネス
  9. 改めて、人とは業の生き物である
  10. ケーキも3Dプリンタ
  11. 円安回帰
  12. 円高かインフレか?
  13. 売れないテレビ通販

1.イスラエル企業の正体を見れば、流れがわかる

昨年、ガザ紛争中のイスラエルを訪れて不思議だったのは、イスラエルという国がどうやって成り立っているのかでした。
キブツにも行きましたが、すでに観光資源になっていて、キブツに代表されるような社会主義のイスラエルでは最早ないのはすぐにわかりますし・・・

4.Q&A

岡本先生が「なんでも3年かかる」というお話をしていたときは、そういうものなのか・・・と思っていたのですが、昨年、自分にも「なんでも3年かかる」の言葉通りの出来事がありました。
3年前に、これで一旗あげよう!と意気込んではじめたものではなく、ただ粛々とやっていたことが、約3年後に実をつけたんです。
この時、岡本先生はなんでこういうことを知っているのだろうと素直に感動しました。

岡本先生も、どんな「なんでも3年かかる」体験をされたのかお聞きしたいです。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『パウロ6世』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー