有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2015年5月12日 505号

1.TAROの独り言

4月17日は、山手線、横須賀線、東海道線、総武線のダイヤが朝からぐちゃぐちゃだった。
行き慣れない成田に向かった私は、代替手段を反射的に検索できず、迷いに迷った。・・・

2.コブラツイストは、ツボに効く

■名前

学生時代に、友人と二人で、道で佇んでいる占い師に名前を見てもらったことがある。

まずは、友人が見てもらうと、「最高の名前だ」と言う。
「一族のどなたかの名前を引き継いだのかな?」と聞かれ、友人は「おじいさんの名前をもらった」と答えていた。・・・

3.まーけ塾レポート(2015年4月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ロボット手術
  2. 宇宙エレベーターの実現
  3. 再び、タクシーのスマホアプリ
  4. 空き家ビジネスがプロフィットプールに
  5. 自動飛行機と自動タクシー
  6. ワトソン君が銀行員デビュー
  7. アパVS東横イン
  8. アキュラが高価格帯住宅へ
  9. 「ほぼ日」上場へ
  10. スノーピークのコミュニティー
  11. 獺祭とエグザイルと新潟の高校野球(詳しくは、ニュースレターで・・)
  12. アメリカ利上げはなくなったかもしれない・・
  13. 401k改正
  14. 年金未納の捕捉が確実に・・
  15. バカなこと・・。消費税の軽減税率

9. 「ほぼ日」上場へ

「ほぼ日」が上場に舵を切りました。
これは、事件と言ってもいいでしょう。
「優しく、強く、面白く」という3つの言葉に支えられて事業を行ってきた「ほぼ日」は、短期利益を求める株主には、「経営方針に文句があるなら、株を売ってください」という対応をしたいと考えているようです(資本の論理にどこまで逆らえるかは、難しいところもありますが・・)。・・・

4.Q&A

岡本先生に質問です。
岡本先生が以前より発信されているように、AIの発達により、私達人間の仕事がどんどん変化、減少していること、これからもその流れが加速していくであろうことを私も実感しています。
このことを岡本先生が音楽業界を例にあげて、お話しされているのを聞きましたが、最近の音楽番組などでは以前よりも生楽器が登場する機会が増えているように感じます。これは、再び生楽器の良さが見直されているからではないかと思いますが、ビジネスにおいても、一度AIに取って代わった仕事が、後に人間による手作業の良さが見直されるといったことは起こり得るとお考えでしょうか?

 

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

高橋宣行

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー