有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2015年10月13日 527号

1.TAROの独り言

妻が、NHKのドラマにエキストラで出演した。 自腹で東京まで行き、8時間近くの拘束だったらしい。 ごくろうさーーーん。

2. コブラツイストは、ツボに効く

足りないモノ

当社のスタッフが、某氏のセミナーに出て煽られて帰ってきた。
講師の先生に対して、「場の空気、情報をまとめ、それを活かして人を動かす力は凄いと感じました」と報告書にはあった。

報告書には、次のようなことも書かれていた。
「セミナーの話を聞いただけでは行動できない人も、ストーリーを通してかなり動かしたように見えます。

3.まーけ塾レポート(2015年9月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 凹凸地図の登場 
  2. イラン開国 んーー、行きたい・・。
  3. ほらね、大麻が注目されてきたよ! 
  4. 日本の物価
  5. スマートベーター
  6. 原油価格はどこへ向かうか?
  7. カーシェアの現在
  8. 具体的な人工知能サービス
  9. ジェットの挑戦
  10. ウーバー型ビットコインの登場は世界を変えるかも?
  11. 年収1000万円でも老人破産・・

3. ほらね、大麻が注目されてきたよ!

2009年11月『VIPミーティング』。そこで、私は「大麻の解禁が近い!」と言いました。
そして、次の時代の夜明けみたいなものを語りました・・・・・・。

4.Q&A

岡本先生に質問です。

私が経営する会社では社員が出社しなくても自宅から業務が、ほぼ問題なく行える環境が整いました。
平均年齢が40代ということもあり、今後社員に発生するであろう介護問題等の備えにもなると考えています。
出社しないことで起きる弊害もあるかと考えていますが、全員が出社する日を週に3~4日程度定め、あとの日は自宅での勤務を認める、若しくは交代で出社するといった取り組みを実験的に進めていこうと考えています。
岡本先生はこうした取り組みについてどう思われますか?
また岡本先生の会社ではこうした取り組みを行っているか、行っていく予定はありますか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

リチャード・ブランソン

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー