有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2015年12月8日 535号

1.TAROの独り言

私の家の周りは畑だ。
周辺に住むおばーちゃんたちは、野菜を作るために畑に通っている。

休みの日、私はギターを弾いて遊び、妻は畑をやっている。

2.コブラツイストは、ツボに効く

■ 無益なエクササイズ

ウィリアム・ジェームズが『無益なエクササイズ』と呼んだ良き習慣の持ち方については、何度もネタにしてきたように思う。

過去には、映像を使った半日のセミナーで、この『無益なエクササイズ』をテーマにしたこともある(ちなみに、この時使ったメインの映像は、ブレッソンの『抵抗』だった)。
そこで、次のような質問をよくもらう。

  • 『無益なエクササイズ』とは、どういうものですか?
  • 『無益なエクササイズ』はどんな風にやればいいですか?

3.まーけ塾レポート(2015年11月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 新電力 はじまる
  2. デヴィッド・ボウイとジェンダーレス
  3. P&Gの不振
  4. アマゾンの方向
  5. アメリカ シリア戦略転換の意味(経営の話です)
  6. 家のおしゃれ 
  7. グレンコア
  8. TSUTAYA図書館
  9. 法則を考えてはいけない

2. デヴィッド・ボウイとジェンダーレス

山口小夜子のドキュメンタリー映画『氷の花火』に出てくるオネエのカメラマンに私は嫉妬しているのですが、ジェンダーレスの人たちの感性は、我々凡人にはかなわないものがあります。
音楽の世界でいち早くジェンダーレスを表現したのはデヴィッド・ボウイでした。

4.Q&A

岡本先生、こんにちは。

岡本先生は、経営されている会社を「〇〇な職場にしたい」との思いをお持ちでしょうか。
最近、故スティーブ・ジョブズ氏が、「アップル社を"とんでもなくすばらしい"職場にしたい」と語っていたという記事を読みました。その"すばらしい"とは魅力的な特典や手厚い福利厚生を指しているのではなく、社員がそれまでの人生で体験したことがないほど長時間、懸命に働く環境を作りたいという意味だそうで、一味違うなと感じました。

岡本先生は、トッププレイヤーのため職場環境になかなか目を配れないと耳にしたことがありますが、思いだけでもぜひ聞かせていただきたいなと質問をお送りしました。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

増田 宗昭

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー