有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2016年2月23日 548号

1.TAROの独り言

娘たちが、うちのバンドの掲示板を見る。
そこで、私が嫌味で「カリスマ」と呼ばれていることを知り、「サイテー」と言われる。

2. TAROくんの独り言拡大版

■ ポイント嫌い・・

昨年からマイルを集めたり、ホテルのポイントを集めることを積極的にやっています。
しかし、イマイチよくわかりません。
あまりにも仕組みが複雑で、一体全体何が一番得なのか皆目見当がつきません。

正直、今は「もうどうでもいいやー」と投げやりな気分ですが、それでも「ここまで貯めたのだから・・」というサンク・コスト的気分に埋没して、毎日を過ごしています。

はっきり言って、ポイント社会が嫌いです。
「ポイントをくれるなら、最初から値引きをしてくれればいいのに~」と思います。

3.まーけ塾レポート(2015年1月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. シェアリング・エコノミー
  2. すでに、小売業は「未来」を迎えている
  3. スバルの好業績
  4. 自動車会社の分岐点
  5. グランピングリゾート
  6. 転職消費
  7. 日本ワインの人気
  8. ゼンリンが文具
  9. エンゲル係数
  10. ユニクロ苦戦
  11. スターウォーズとアマゾン 
  12. 世界は、非常事態
  13. リッチな人々は火星へ

4. シェアリング・エコノミー

昨年暮れから、シェアリング・エコノミーが時代の主役になりそうな雰囲気になってきました。
ヒラリーは、インターネットを通じて行われる単発の仕事の請負を「ギグ・エコノミー」と発言。一般の仕事までもが、ステージで楽器を演奏するミュージシャンの日ごとの契約のようになっていく様を表現しています。

4.Q&A

岡本先生、こんにちは。

先日岡本先生のおすすめする、山口小夜子の映画を観ました。
観て感じたのは、「みんな、表現者として生きようぜ!」でした。
自分もドンドン、周りなんか気にせずに、表現していこうと思います。

そこで質問ですが、岡本先生は税理士から、コンサル、易やよく分からないセミナー(失礼!)などで表現されていますが、今後「音楽や映画」などの分野で表現されるようなことは考えられていますか?
僕自身も音楽や映画など"遊び"の分野での表現を色々試行錯誤していますので参考にさせて下さい。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

沢庵

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー