有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2016年2月9日 546号

1.TAROの独り言

昔、社員旅行の幹事をしたことがある(入社2年目)。
でぇ、雨男の私が幹事をしたら、梅雨末期の大雨に見舞まわれ、行く手は土砂崩れ。
駅で足止めになってニッチモサッチモいかなくなった。

2.コブラツイストは、ツボに効く

■ ゲームのために忘れてしまったこと

姉の娘と私は12歳離れている。
私が大学1年生の時に、彼女は6歳。姉の家に行くと、よく遊んだものだった。

今となれば、12歳程度の差は大きなものではないとわかる。
だから、私が結婚が遅く、彼女の結婚が凄く早かったりすると、私たちの子どもの年齢は大した差がなくなる。

そういうわけで我が家の末っ子と彼女の長男は、年の差がひとつである。

しかし、二人の男の子を見ていると親の世代の違いの大きさに驚く。
年の差は大したことがないとしても、世代の差はとても大きい。

3.まーけ塾レポート(2015年1月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. シェアリング・エコノミー
  2. すでに、小売業は「未来」を迎えている
  3. スバルの好業績
  4. 自動車会社の分岐点
  5. グランピングリゾート
  6. 転職消費
  7. 日本ワインの人気
  8. ゼンリンが文具
  9. エンゲル係数
  10. ユニクロ苦戦
  11. スターウォーズとアマゾン 
  12. 世界は、非常事態
  13. リッチな人々は火星へ

4. 自動車会社の分岐点

フォード、GMが、交通サービス産業に参入しようとしています。
いわゆる自動運転車などの出現が、アメリカの自動車会社をドメイン変更に突き動かしているわけです。

シェアリングサービス、タクシーの自動運転などの市場は、自動車産業の2倍の市場規模があると言われており、アメリカの自動車会社はそちらに視野を伸ばしているというわけです。

4.Q&A

岡本先生、こんにちは。

いつもニュースレターを楽しみにしております。
モンゴルセミナーの音声がものすごい風の音でしたが、そんな草原?で自然の中でセミナーを受けるっていいな、と次回の案内を楽しみにしているものです。

ありきたりですが、「無人島に何か3つ持って行っていいよー」と言われたら先生は何を持っていくのでしょうか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

伊藤博文

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー