有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2016年5月17日 560号

1.TAROの独り言

新しく買ったスニーカを履いて店に入ると、店員に呼び止められる。
「それいいですよねー。俺も履いているんですよー。色、赤ですよ~。」

それから、その店員は、このスニーカーがとても気に入って、色違いを後2足買ったことなど・・・いろいろと語り、私を同士とみなしたのだった。

2.どうして、こんなに予言的?

■リップマン

どんな分野であれわれわれが専門家になるということは、われわれが発見する要素の数を増やすことであり、それに加えて、あらかじめ期待していたものを無視する習慣をつけることである。        (ウォルター・リップマン)

 

私が現代社会を"つまらない"と感じるのは、何にでもテキストがくっついてくることにある。
いわゆる「原初体験」が難しいのだ。

3.まーけ塾レポート(2015年4月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ブサイクで売る
  2. タケノコ王
  3. お座敷
  4. サンクゼールが伸びてきた
  5. 今度はakippa(アキッパ)
  6. 会費制の「お別れ会」
  7. 大感染
  8. メディカルスパ
  9. フジが落ちたのは構造か内容か?
  10. 今度のポートランドでは、マリファナを食そう!
  11. 最近、うつの相談が多いので、究極を・・
  12. 神社の売買
  13. VR(バーチャルリアリティ)
  14. 宅配ロボット

9. フジが落ちたのは構造か内容か?

フジテレビが苦戦を続けています。
このフジ苦戦の正体はなかなか微妙なものがあります。

業界的には、番組がつまらなくなったから・・ということのようですが、本当にそうなのでしょうか?
あまりテレビを知らない男がこう言うのも何ですが、どのチャンネルも別段代わり映えしないように思います。

4.Q&A

岡本先生、こんにちは。

いつも、セミナーに参加しては、頭に汗をかいているものです。
今年も課題満載でスタートしましたが、自分の中のものを1つずつ
やるしかないのだな。と考えています。

岡本先生が、新しい企画や新しいものに挑戦しよう!と思うのは
どんな時ですか?
また、アイデアがほしい時にしたらいい事ってありますか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

ライアル・ワトソン

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー