有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2016年7月12日 568号

1.TAROの独り言

ここのところ物忘れは、異常な状態まで来ている。

最近、ダブルで購入したもの。

飛行機のチケット(往復)。
ライブのチケットと落語のチケット(同日)。

2.コブラツイストは、ツボに効く

■DNA

昨年、『ワイガヤセミナー』で、佐賀県に行ってきたことは先週も書いた。
目的は、武雄市の図書館の見学だった。

その旅で、私たちは予定に入っていなかった伊万里市に立ち寄ることにした。
伊万里市では、鍋島藩時代に行われたブランディング政策に感心し、その精神が今も続いていることに驚嘆した。

3.まーけ塾レポート(2015年6月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 老後の自己実現は、ある意味、無限になっている
  2. ベクタスを再考する
  3. コーヒー市場の次
  4. 残業は減らない
  5. 再度、シェアリング
  6. 現代マーケティングの限界
  7. ベビーメタルの成功
  8. 生産性危機

6.現代マーケティングの限界

『宣伝会議』2016-07号に次のような表現を見つけました。

「ここ数年、セールスフォース・ドット・コムをはじめ、大手システムベンダーは統合型のソリューションを提案し、環境変化に合わせて、必要となる機能を中小ベンダーの買収により追加してきた。しかし、この対応には限界がある」

そりゃ、そうでしょ!と私は笑ってしまったのですが、彼らの考えるソリューションの限界があって当然です。世の中なんて、最初から便利にはならないのです。

4.Q&A

毎週楽しんで読ませてもらっています。

ここで質問するべき内容なのか悩みましたがお聞きします。
先月の週刊岡本吏郎の「独身の時代」を読んで、岡本先生が結婚を
決められたきっかけみたいなものって何だったんだろう?と疑問に思いました。

多くの女性がいた中でなぜ奥様を選ばれたのか...?すこし興味を持ちました。
教えていただけますか??
私もアラサーの独身女です...確かに結婚には夢も希望も持っていません。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

横尾 忠則

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー