有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2016年9月20日 578号

1.TAROの独り言

長岡のすごい花火を見た後、村の花火を見た。
淋しい・・・。
でも、哀愁があって何とも言えない感じ。
さらに、目の前で上がるのは悪くない。


2.どうして、こんなに予言的?

■花

美しい「花」がある。

「花」の美しさといふ様なものはない

(小林秀雄)

これはすごい言葉だと思う。
しかし、あまりピンとこないかもしれない。
そこで、次のように言い換えてみよう。

素晴らしい「人」がいる。

「人」の素晴らしさといふ様なものはない


3.まーけ塾レポート(2015年8月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. Yahoo!の退場
  2. 外食ロボ
  3. 消える職種
  4. 税制改革
  5. 雑誌機能のお話
  6. ポートランドのランドロマットを考える
  7. ちょっと、全開で電博の悪口を言う。ついでに、幻冬舎も

5.雑誌機能のお話

9月末、やっとポートランド視察研修が実現します。
もう何年も前から言っている話なので、時間が経ってしまいましたが、いろいろ見てきましょう。

ちなみに、ポートランド出身の25歳の女の子と1時間ほど話をしましたが、ポートランドで生まれ育った(23歳まで)女の子にとっては、ただの生まれ故郷でしかなくて、私のカウンターカルチャー論とか、その他諸々については「わかんなーーーい」の一言で終わってしまいました。

4.Q&A

サラリーマンから経営者になって、得たものと失った物はなんですか?
雇われ人の時とは、得たものと失う物の落差が大きくなる様に思うのですが、いかがですか?
人生は帳尻が合うものだと思ってます。
なので、何かを得た時、意図的に自ら進んで捨てている物ってありますか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『アレクサンドル・ピネ』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー