有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2017年2月21日 602号

1.TAROの独り言

出張から疲れて事務所に帰ってくると、一杯のコーヒーがたまらなく恋しい。
しかし、時々、出されたコーヒーが飲めない時がある。
きっと、それほどに疲れているのだろう・・と、ずっと思っていた。

2.Dファクトリー 落書き(編集版)

■企業企画


以前、メルマガで紹介したこともある『鎮魂 〜さらば、愛しの山口組』ですが、本人の記憶違いや、プライドからフィクションも多少混ざっているにしても、面白い本ですよね~。

著者は、山口組の三代目が撃たれる事件があって、その報復をして16年ぐらい刑務所に入っていた幹部クラスの人です。
その人が出所して山口組に戻ってみると、組長は五代目になっていて彼はだんだんと虐げられていく・・。そういう話なんです。

3.まーけ塾レポート(2017年1月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ベンチャー詐欺って言葉もあったね・・
  2. そこにいくと、たくさん猛者がいる
  3. データのお値段
  4. ヒューリックを参考にしてみる
  5. 休廃業・解散 最多・・なのに
  6. 転換点にあるのかどうか。もしや住友金属鉱山の勝ち?
  7. 次は、シムズなんだそうだ。いいかげんにしろ!(笑)
  8. 改めて、編集について考える

4.ヒューリックを参考にしてみる

『日経ビジネス』2017.01.23号に、ヒューリックの事業が記事になっていました。
ヒューリックは中堅の不動産業で、元は富士銀行の支店が入るビルの供給・管理を行うために設立されました(1957年)。
一時は、銀行の不良債権処理の受け皿となり、存亡の危機にたたされますが、現在の会長が社長になった以後、自社物件の再開発を進めて成功します。

4.Q&A

岡本さん、こんにちは。
EDMが流行っていますが、岡本さんはこの流れをどう捉えていらっしゃるのでしょうか? 教えてください。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『ちゃんみな『Princess』より』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー