有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2017年10月3日 634号

1.TAROの独り言

犬にスプラッシュマウンテンをやってみた。
もちろん実際にスプラッシュマウンテンに乗せたわけではない。
ただ、高い高いをしてあげて、一気に下まで降ろしただけ。

2.理想はハイジのおじいさん

■目的を持つ?

ドーキンスは、『ブラインド・ウォッチメイカー』で次のようなことを言っている(文責:岡本)。

3.まーけ塾レポート(2017年9月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. あっちもこっちもは幻想
  2. 勝ち組は明日の負け組
  3. アマゾンに対抗しちゃいけない!が超現実に
  4. リフォーム市場の将来性
  5. 左利き市場が浮かび上がる背景
  6. エイボンと中小企業
  7. システムベンダーの終焉
  8. おっさんレンタルだとさ・・
  9. 自己修復のスマホ
  10. シブヤのたそがれ
  11. 明るい防空壕
  12. ダークウェブ
  13. 波平さんは54歳
  14. ふるさと納税バブル崩壊
  15. フリーメイソン公認グッズ!?
  16. シュミラークルになれなかった蓮舫(メールマガジンとニュースレター用に原稿書きました)

 

10.シブヤのたそがれ

あまり昔話をすると、オヤジの独り言になりますから、一言にしておきます。

「昔の渋谷は面白かった・・・・・」

私の個人的な感覚では、HMV渋谷店がなくなる手前あたりから、渋谷は急激につまらない街と化したように思います。

4.Q&A

販売とサービスを提供している小さい店舗を5店舗経営しております。
業務は専門知識が必要で、人材は業界経験のある人に越したことはありませんが、適当な人材も少なく、人は辞めるという前提で、素人の人を研修とマニュアルで育て応対しておりますが、うまくいっていない店もあります。
今後店舗拡大を目指したいと思っていますが、著書の中にあった 「今の仕事をこれからやるとして好き勝手なわがままを言えるとしたら何か=必要条件」ということを考えたときに真っ先に思い浮かんだのは当社の出来る人材Aがあと何人もいたらいいということでした。
やはりそう感じたということは「人」が必要条件となり、「人材ありき」で次店舗を考えていった方がいいということなのでしょうか。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『亀井 勝一郎』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー