有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2017年12月26日 646号

1.TAROの独り言

今年も柿が豊作だった。
我が家の庭の柿の木は、3,000個ほど収穫があったらしい(大げさじゃないよ)。
一応、私も50個ほどは収穫した(労働時間10分位)。

2.TAROくんの独り言拡大版

■ナニカ

高校時代、いつも一緒にいた友人がいました。
私が言うのも何ですが、かなり変わったやつでした。

彼とは小学校、中学校も一緒でしたが、同じクラスになることがなかったせいで顔を知っている程度の男でした 。
ところが、彼が私の友人の周辺をウロウロしはじめたことがきっかけとなって、一緒に遊ぶようになりました。確か、中学3年生の冬休み。高校受験真っ只中のことでした。

 

3.まーけ塾レポート(2017年11月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ヒットを見てても、手間のかかる時代を実感・・
  2. 竹、北上!!
  3. 電気旅客機
  4. 商工中金の不正の普遍性
  5. 小池は、元型から降りて、ついでに党首も降りた
  6. 新しい『ブレードランナー』が教えてくれること
  7. 映画評論家なんて、大して映画を見れないと思うよ(個人差あるけど・・)
  8. アディーレ処分。遅かったね・・
  9. ユニクロの3倍法則限界に来る?
  10. 幸楽苑が沈んで日高屋元気
  11. 河西智彦のインタビューを読んで
  12. メルカリとかDeNAとかのこと・・
  13. 今度こそ、所得税改革は進むかな・・?
  14. ミニ・バブル、いつまで続くか?

11.河西智彦のインタビューを読んで

河西智彦さんの『逆境を「アイデア」に変える企画術』という本に関するインタビューが『週刊 東洋経済』(2017.11.11)に掲載されていました。

4.Q&A

妻(40歳)がうつ病と診断されました。
何に対してもやる気がなく、仕事も長期で休んでいます。
今は薬を飲んでいて、調子の良いときと悪い時の差が激しいです。
こちらとしては家にいるのだから、少しは家のことくらいやって欲しい...。と心の中で思ってしまいます。
先日、仕事でヘトヘトに疲れて帰ってきて夕飯の支度が出来ていなかったため、つい声を荒げてしまいました。
それからますます落ち込んだ妻を見て、自己嫌悪と普段通りの生活ができないストレスでこちらまでおかしくなってしまいそうです。 うつの家族がいる場合、周りはどう接していったらよいのでしょうか。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『フレデリック・パールズ』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー