有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2018年5月1日 666号

1.TAROの独り言


本棚を眺めていたら、同じ本が2冊あった。
秘書が整理して並べて置いてくれたらしい。

2.理想はハイジのおじいさん

■ハッピーになる方法


「人間は、反応していればいい」
私の持論である。

「微生物のように、ただ反応していれば、全てはうまくいく」
私は、本気でそう思っている。
極端に言えば、意思などいらないのだ。
ただし、この持論は大きな欠陥を持つ。

 

3.まーけ塾レポート(2018年4月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 税金と消費の関係を整理する
  2. やっとサラリーマン大家ってつまらん言葉も消える?
  3. 『コーディングドージョー』
  4. 英語中間報告
  5. 情報資源
  6. コンビニはK値超えか?
  7. 富士メガネ
  8. エア・ウォーター

1.税金と消費の関係を整理する

増税と消費がトレードオフの関係にあることは自明のことです。
ですから、現在、消費の復活と言われながらも、そう断言できないダラダラの状態にあるのも当然のことです。
社会保険料の負担が年々増しているというのに、消費が本格的に良くなることなんてあり得ません。

4.Q&A

最近話題のベーシックインカム。
AIが今後進化を遂げると日本では約半数の人が職を失うという研究報告があります。
そこで、ベーシックインカムの導入...という議論がテレビ番組などでもされていますね。
財源はどうするのか、労働意欲の低下の懸念、など問題点もあるようですが、岡本先生はベーシックインカムにはどのようなお考えをお持ちですか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『言志四録』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー