ビジネスサポートあうん
お待たせしました!新シリーズ登場「もしも、オカモトがドラッカーについて語ったら…」

200万部を売った『もしドラ』。
ドラッカーを知らない人も手を取って読んだという意味で
素晴らしいことだと思います。

しかし、18歳の頃からのドラッカー・フリークである私は
不満です。

「あの本を含めて、世間に氾濫するドラッカー本。
 あれはあれでいいのかもしれないけど・・」と思います。

そこで、
今回、無謀なことに、ドラッカー関連商品を
作ってしまいました!!
本人的には、「これこそ、ドラッカーの神髄だ!」
と思っています。

世の中に流布するドラッカーは、もちろんドラッカーです。
それに何の偽りもありません。

しかし、
マネジメント論を中心とした仕事だけが
ドラッカーの功績でもありません。

ドラッカーのマネジメント論は、
ビートルズで言えば、『Let It Be』や『Yesterday』。

もちろん、素晴らしい曲ですが、
ビートルズ・フリークならば、
こうした曲=ビートルズと考えられているのは、
心外のことと思います。

ビートルズには、大衆にはあまり知られていない
素晴らしい革新的な曲がたくさんあります。
そして、フリークの間では、そうした曲こそが
ビートルズと思われています。

ドラッカーも同様です。
マネジネント論は、ドラッカーの『Let It Be』です。
しかし、もっと革新的な功績があるのです。

そこで、
ドラッカーの功績でありながら、
あまり世間では語られることを中心に、
私たちのビジネスで役に立てることに視点をおいて
ドラッカーを解説していきます。

未来はわからない・・と言いながら、
実質的には、未来を語ってきたドラッカーの
視点を使って、今起きていることの”意味”を考え、
私たちのビジネスにどう応用するかを考えます。

きっと、
みなさまの経営のお役に立つと同時に、
ドラッカーの読み方が変わります。
お楽しみに!