有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2019年11月5日 746号

1.TAROの独り言

(先月からの続き)

通関業者に電話をしてみて、私は困った。
誰も相手にしてくれない。

「通関業者? そんなもの知らんわ!!」
と言い放った私の方が、
「おまえなんか、知らんわ!」
と言われて途方に暮れる。

通関業者は、法人しか相手にしていないようなのだ。
日本中の通関業者に電話してみる時間もないので、3件目の電話で諦め、別の方法を考えた。

私の頭に、一人の男の顔が浮かんだ。

 

 


2.理想はハイジのおじいさん

■陳腐な結論

私は、人口2000人の村に住んでいる。
今は、隣の市と合併して村の独立はないが、多くの慣習はそのままで、今もゆっくりとした時間が流れている地だと思う。

 



3.まーけ塾レポート

【第一週】今月の『まーけ塾』を俯瞰する(目次)

 

1. 次の時代へビルトイン!!

 1. ウィーワーク問題
 2. 1.ではじまったソフトバンクの逆風
  ・・・・・

2. マーケティング、企業動向など

 1. 年金支給日が消費の決戦場へ
 2. カスミの完全レジレス
  ・・・・・

3. 経済・金融

 1. 大債務問題・・・
 2. 幼保無償化の恩恵
  ・・・・・

4. その他雑談

 今月は、いろいろと「兆し」を"大蔵ざらえ"したので、ついでに・・・・・

 

 

 

4.Q&A

いつもメルマガありがとうございます。

岡本先生がいつもメルマガで書かれているように、自分の弱みではなく強みを生かすということがビジネスの基本にあると思うのですが、これは自分にとって弱みなのか、それとも単に嫌だから避けているのか(ただの食わず嫌い?勇気がない?経験量が足りてないだけ?本当は必要なのに面倒がってる?等)悩むときがあります。
(先日は、チャネル選択一つにしたって、やる前から強み弱み以前に、無意識に偏見や好き嫌いという感情が出てしまっているなーということに気付きました)。
この二つを見分ける基準ってありますでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。



5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『ヘルメス・J・シャンブ』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,320円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込550円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー