ビジネスサポートあうん
『戦略セミナー2020』【第3回】を行います。 第3回

『戦略セミナー2020』の第3回を行います。

「経営センス」という言葉があります。
その意味するところは、使う人それぞれです。

でも、「経営センス」はちゃんと定義が可能と私は考えています。
そして、それは経営成績と強力な因果関係にあります。

では、「経営センス」とは何でしょうか?

私は、次のように断言します。

2つの“基礎”

しかし、その2つの“基礎”を中小企業経営者が体系的に学ぶ機会はあまりないのが現実です。

そこで、今回は、“基礎”の1つのうち、戦略に絡む“基礎中の基礎”を体型的、そして、実践的に学んでいただきます。

戦略に絡む“基礎中の基礎”を『SCP』と言います。
ビジネスを“構造”から考えていく理論です。

そして、その『SCP』をフレームワークに落とし込んだのがマイケル・ポーターです。
ちまたには、ポーター解説本がたくさんあふれています。
しかし残念ながら、それらは単なる解説本です。
言い過ぎを承知で言えば、まったく実務には役立ちません。
しかし、『SCP』、そしてポーターのフレームワークには、とても重要な「経営センス」たる“基礎”が隠れています。

そこで、私が皆さまに提起させていただくのは「再考」です。
そして、「経営センス」の取得であり、基礎訓練です。
それは、私が実際に現場で行っている筋道の展開です。

どうして、「再考」なのか?

それは、エッセンスの一部は、すでに、セミナーや本などで話したり書いたりしてきているからです。
また、ポーターのフレームワークは、それなりに有名ですから、使っている人は皆無にしても、知らない人はいないと思うからです。

今回は、「経営センス」という切り口で、戦略を考えます。
実務的な思考方法をご紹介します。
それらを体系的にお伝えしていきます。

ポーターの理論を中心に、「経営センス」という言葉で切る。
そうすると、“私たちが長く稼ぎ続けていく上での重要な掟”が手に入ります。
そして、誰もが、経営にも“基礎”というものがあることを知ることになります。
また、私が、どういう“基礎”から実績を出してきたかも知っていただけると思います。

本来は、このセミナーは第2回目に行う予定でした。
しかし、『ゲーム理論』を繰り上げたため、第3回目になってしまいました。

第1回目で、戦略の問題提起といくつかのフレームワークを提示しました。
内容的には、マクロ的話からミクロ的な展開をしていきました。
そして、世の中にある戦略ツールを網羅的にご紹介しました。

今回は、その戦略ツールを乗せる土台作りを行います。
それは、具体的な企業戦略を作っていくために絶対に必要な“基礎”になります。

昨年の2回に引き続き、是非ともご参加ください。

◇追伸◇

もう1つの“基礎”は、「財務」です。

中小企業に必要な「財務」の基本については、すでに
『中小企業のパーフェクト会計』で書き切っています。
しかし、それが有機的に実践できている方々が少ないことも承知しています。

それは、大事な宿題と考えていますが、まずは、今回の“基礎中の基礎”を
しっかり知っていただきたいと思います。

なお、“基本”は強固です。永遠です。

“基礎”がしっかりしていないと、何事もうまくいかないのが普通ですが、
経営の世界では、“たまたま”が横行しています。
でも、長い目で見れば、必ず正しい姿に戻っていきます。

これを機会に、是非とも身につけてください。

岡本吏郎

『戦略セミナー2020』は、全8回を予定しています
できるならば、1年に2回ずつ開催しようと考えています。
8回の内容は次のとおりです。

【第1回】終了
「中小企業の戦略は、穴を埋めると見えてくる」
【第2回】終了
「北朝鮮を見習え!“ゲーム理論”入門」
【第3回】
「ポーター再読」
【第4回】
「アリストテレスから考える行動戦略」
【第5回】
「中小企業戦略再読」
【第6回】
「軍事戦略入門」
【第7回】
「ケーススタディーを考える」
【第8回】
「100年戦略を思考してみる」

ご希望の回のみの参加も可能ですが、全8回通してのご参加をおすすめいたします。

『戦略セミナー2020』
日程
  • 【第3回】
    2019年5月13日(月) 11:00~18:00
1時間程度の延長になる場合がございます。
昼食のご用意はございません。
事前にお召し上がりの上、お越しください。
会場
KFC ホールルーム 101~103
〒130-0015 東京都墨田区横網(よこあみ)1丁目6番1号
参加費
1回 58,000円(税抜)
DVDの収録を予定しております。ご欠席の場合はDVDと資料を送付いたします。
このセミナーは終了いたしました

受講規約

本受講規約(以下「本規約」という)には、株式会社あうん(以下「当社」という)の許諾に基づき、貴方が受講申込を行い、当社が提供する講座を受講するにあたっての貴方と当社との間の契約条件が規定されています。なお、本講座は当社が貴方に提供するものであり、当社は貴方に対し一切義務を負いません。

第1条(受講料金等)
受講者は、当社が本サイト上、またはその他で掲示する受講料金を支払うものとします。

第2条(本受講の申込)
(1)本講座の受講希望者(以下「受講希望者」という)は、本サイト上に掲載する手続、または当社の定めるその他の手続に従って、受講の申込(以下「受講申込」という)を行ない、氏名・住所・電話番号その他当社の別途定める事項について、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)を申込書その他に記載して提供するものとします。

(2)受講者が、本講座を勤務先等の所属団体(以下「所属団体」という)を通じて申し込む場合(以下、「団体申込」という)、所属団体と各受講者は連帯して本規約に基づく義務を負うものとします。

第3条(本講座受講申込の承諾)
(1)当社は受講希望者より本サイト上に掲載する手続き、または当社が定める他の手続によって受講申込を受けた時、受講希望者に対して本講座の受講を許諾する旨と、受講料金の支払方法を電子メール又は書面にて通知するものとします。

(2)当社と受講者間の本講座の提供に係る契約(以下「本契約」という)は、受講料金全額の入金を確認したときに有効に成立し、受講希望者は、本規約の定めに従い受講者たる資格を取得するものとします。

第4条(受講申込の取消)
(1)受講者が、受講者の都合により受講資格を取り消そうとする場合は、その取り消す時期に応じてキャンセル料を当社へ支払うものとします。

開催日8週間前まで・・・受講料金の30%
開催日4週間前まで・・・受講料金の50%
開催日1週間前まで・・・受講料金の100%

(2)キャンセル料の支払いは、既に受講料の支払いを受けている場合には相殺とします。受講者への返金が生じた場合には銀行振込みとなります。手数料等は受講者負担とします。受講料の支払いを受けていない場合には、受講者は当社へ当社指定の方法により支払うものとします。

第5条(登録情報の使用)
当社のウェブサイトに掲載されるプライバシーポリシーに従い、登録情報および受講者が本講座を受講する過程において当社が知り得た情報(以下「受講者情報」という)を使用することができるものとします。

第6条(講義内容に対する権利)
講義内容をいかなる方法においても第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、使用許諾等を行ってはならないものとします。

第7条(受講者資格の中断・取消)
受講者が以下の項目に該当する場合、当社は事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該受講者の受講者資格を停止、または将来に向かって取り消すことができるものとします。
(1)受講申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。
(2)講座内容を適切に理解できない可能性がある場合。その他当社が本講座の受講者としての適格性に欠けると判断した場合。
(3)営利、またはその準備を目的とした行為、その他当社が別途禁止する行為を行った場合。
(4)受講者に対する破産、民事再生その他倒産手続の申立てがあった場合。または受講者が後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合。
(5)本規約に違反した場合。
(6)その他、受講者として不適切と当社が判断した場合。

第8条(講座の中止・中断および変更)
(1)当社は、本講座の運営上やむを得ない場合には、受講者に事前の通知なく、本講座の運営を中止・中断できるものとします。

(2)前項の場合には、当社は本講座の中止または中断後10営業日以内に当該講座についての受講料金を返金します。但し、当社の責任は支払済の受講料金の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負いません。

第9条(損害賠償)
(1)受講者が、本講座に起因または関連して当社に対して損害を与えた場合、受講者は、一切の損害を補償するものとします。

(2)本講座に起因または関連して、受講者と他の受講者、その他の第三者との間で紛争が発生した場合、受講者は自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当社に生じた一切の損害を補償するものとします。

第10条(管轄裁判所)
本契約を巡る一切の紛争は、新潟地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。

平成22年1月26日
株式会社あうん 岡本吏郎