未分類

10連休

普段、ゴールデンウィークなんて、あまり気にしたことがない。
しかし、今年は、トイレのカレンダーをぼーっと見ていて、10連休の可能性に気づいた。

「もしや、今までも、そうだったのかもしれない」
これまでスタッフに悪いことをしてきたかも・・と反省しつつ、
オフィスに行って提案した。

・・・・・・・・

みんな喜ぶと思った。
でも、違った。
「休みたかったら、あんたは好きにすればいい」
という反応。
そういうわけで、当社のゴールデンウィークは暦通りとなった。

ところがですよ。
暦通りに出勤したのは、私とパートさん3人。
10連休の人はいなかったけど、2日か6日のどちらかは各自が年休で対応していたのだ。

なんだか、損した気分・・・・・・・。

しかし、休みの前の日って、好き。
今年は、そういう日が3日もあったのだから、悪くない。
静かなオフィスで仕事も進みに進んだ。仕事後の酒もうまい!!

『毎日が金曜日』って無理だけど、理想・・ということを知った。

未分類

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークは、家でじっとしている。
そう決めている。

今年も、庭でのんびり・・を決めていたのだが、『久米島ワークショップ』の
宿題が大量に提出される。
高さにして、どれくらいか?
数メートルはないが、数十センチはある。
これ全部読むのだ。過酷・・。

『マンスリーCD』も2本撮った。
おそらく、どっちも、このご時世向けのかなり大事な内容。
世の中は、どうして、このことを一切言わないんでしょう?・・と疑問に思いつつ。こちとら、それがネタになるのだからありがたい。

『まーけ塾』の資料も大量だ。
いつもより多い。ゲップが出る。

『戦略セミナー2020』のレジメ作りは遅れているし・・。

考えてみると、昨年は仕事をしながらも、ギター三昧。
2月のライブまで8ヶ月。ぜんぜん実感わかなかったけど、一生懸命、暗譜してた。

今年は、そういう行事もないので、合間に一人でアコギを弾いて遊んでいる。
いろんなミュージシャンのyoutubeの演奏をちょっとコピーして遊んでみる。面白い。便利な時代だ。そして、とても勉強になる。

腹が空かない。
腰が痛い。
動かないのだから当然だ。
毎晩の酒も問題だ。

ゴールデンウィークが終わるまでの辛抱よ・・。

未分類

CDとかDVDとか・・

今の若者は、DVDプレイヤーを持っていないと知ってずいぶん経つ。
CDプレイヤーにいたっては、ないのが当然。
私は、Wadiaの名機を所有する身だが、それでもちょっとしたCDを聞こうと思うと軽自動車に乗るしかないことになっている。

なのに・・・・・・・・。

当社は、未だに『マンスリーCD』を配っている。
DVDの配布も同様・・・・・。
アホか・・と思った。
恥ずかしい。

こういうとき、スタッフはアテにならない。
彼らは決められた仕事を正確に行うことを旨とする。
だから、全然気づかないのだ。
もちろん、気の利いた奴がいれば・・という話にはなるけれど、そんなことを考えても意味はない。

後、この件については、続けてきた理由がちゃんとある。
それはCDとかDVDがどうのこうのという話ではない。
そして、むしろ、そのことの変化に驚いている。
私はそれに気づくのに時間がかかってしまったのだ・・・・・・(かなりびっくり)

いずれにしても、実に重要なことが変わった。
これは、くどいけれど、CDとかDVDがどうのこうのという話でない。

とにかく、変えねばならぬ。
そして、そのことの影響について、いろいろ考えねば・・。

未分類

第3世代の苦悩

中小の旅館・ホテル業は、現在、第3世代が格闘中にある。
第1世代(おじいちゃん)が、環境に恵まれ暴走して拡大。
それを継いだ第2世代(おとうさん)は、環境変化の中で赤字経営を余儀なくされる。
さらに、それを継いだ第3世代が、その負の財産を背負いつつ格闘している。
・・・というのが大雑把な景色だ。

引き継いだ負債は、ほぼ例外なく悲惨なもの。
しかし、資産はそれぞれ。
ここで第3世代の明暗は分かれる。
もちろん、能力の違いは大きくある(がここでは触れない)。

なんとか土俵際に残った第3世代の一つの方向は、
老朽化した建物をなんとか見栄えをよくして、料理の内容を向上させる・・という型。

でも、どんなに見栄えを良くし、センスアップしても「ハリボテ」である。
予算が限られえているから仕方ないけど、お客からは「ハリボテ」が見えてしまう。
一生懸命やっているので、料理が標準以上だと好感度は高い。「悪くないな・・」とは十分に思う。

ただし、ハリボテはハリボテだ。
その割には、結構な料金が設定されているところが難点。
話題になっている宿は多いが長く続くのかが疑問だ・・。

『里山十帖』の影響からか、ミシュラン・シェフなどを招聘し本格的な料理で勝負するところもある。今、旅行好きが選んで訪れるのは、この方向の旅館・ホテル。予約困難店が多い。

最近、そんなところの一つに泊まった。
第1世代が残した立派な建物が圧巻!
良質な資産のリノベーションはハリボテ感が少ない(残念ながらちょっとある)。
そして、料理も素晴らしかった。

・・けど。
私たち一般人は、すでにこうした宿にも泊まり慣れはじめている。
だから、水準を超えたレベルの料理だけでは満足はしない。
料金だって1泊10万円を超えるのだから・・。

「なにが足りないのだろう?」と思った。
そして、銀座の予約困難店の主人の顔が浮かんで思いついた。
スペシューム光線級のスペシャリティがないのだ。
私たちがもう一度訪問する理由。それがしっかり打ち込まれていないのだ。
だから、私たちは「良かったよ」と心から思いつつも、次の話題の施設へと心を向ける。

第3世代の格闘は続く・・・・・・・(と思った)。

未分類

同調圧力

渋谷の交叉点は、すごい人だ。
コロナ前より喧騒を感じるのは、人の少ないのに慣れてしまったからだろう。

その渋谷の交叉点で、若者が「マスクを取れー」とマイクで叫んでいた。
こういう若者(なぜか若者の場合が多い)は、新宿駅の南口にもいるし、他所にもいる。
でも、今回遭遇したアンチ・マスクの若者はちょっと違った。
歩いている人一人ひとりに「同調はやめろー」と凄むのだ。

思わず反射で、「お前も同調を強要するのはやめろー」と凄んでみたくなったが、そんな暇もないので、若者を大きく避けて駅へ向かった。

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページトップヘ