死んだものが生きているものを支配する

有名なマルクスの言葉をタイトルにしてみる。

もうこの一言でいいな。
なにか続けて書くと蛇足な感じがする。

そこを蛇足で、清水博先生の言葉で表現してみる。
「“生きている”ものが、“生きていく”ものを支配する」

この支配関係でそこらじゅうが汲々としている日本。
人生100年なんて冗談は、介護の“か”の字も経験したことがない者の戯言。
どう考えたって、みんなが一律にずっと健康なわけはないのだから・・。

そもそも、社会保険料の負担が約30%レベルに到達している事実をどう考えるんだろう?
この約30%を労使折半・・などと言い放つのも冗談でしかない。

消費税の減税もいいけど、その前に社会保険料だろうね。
でも、「“生きている”ものが、“生きていく”ものを支配する」ところはかまえない。
だから、誰も何も言わない。

数々のそんな支配が、個人を汲々とさせ、国を衰退させていく。
感染症って、この構造の象徴に思えるんだけど、どうでしょう?

生きていくためには、どうするか?

この問いが、究極に聞こえちゃうっていうのは、かなりヤバイよな・・。

この記事へコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最新のコメント
ページトップヘ