未分類

リュックで通勤

1984年春。
私たちは、リュックで通勤をはじめた。

非常識なのはわかっていた。
でもね・・・・・・。

幸い、誰にも怒られず、こっちも鈍感なので、私たちはそれを通した。
今考えると、ヒンシュクは買っていたことと思う。

1984年冬。
私たちは早々に、ビジネスコートを放棄した。
冬の新潟では寒いのだ。
そして、私は、浜さんのアウトドアの店でピーターストームのウォータープルーフを買った。
下に薄いダウンベストを着て、ピーターストームを羽織る。
今見ても素晴らしいデザインだ。

非常識なのはわかっていた。
でもね・・・・・・。

幸い、誰にも怒られず、こっちも鈍感なので、私たちはそれを通した。
この時には、「またか・・」と思われていたことと思う。

同じ冬。
ビジネス用の靴は違うだろ!と思った。
もちろん、長靴はあり得ない。

そこで。再び、浜さんのところへ行った。
そして、ヴィヴラムソールのシューズを発見。
ワラビーに似ているので、これはイケる・・と思った。

もう非常識もクソもない。
長靴は履きたくないからね。

おそらく・・・・・・・。
日本中で、私たちみたいに静かに通勤の景色を変えた者たちがいたと思う。
今では、リュックで通勤なんて、普通すぎて誰も何も思わない。
でもね、この程度の習慣だって、ちょっと不便に敏感な者が、恐る恐る変えていったものだ。

ただし、当時は、そういうことだったので、リュックで通勤ってそれなりにオシャレだったと思う。
ピーターストームなんて、結構、振り切っていたし、あのワラビーみたいな靴もかなりイケてた。
そして思う。
最近は、小さな面白さが減った。
なんでも、普通の消費になってしまう。
もう一回、ココらへんは考え直さないといけないなーと最近強く思っている。

この記事へコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最新のコメント
ページトップヘ