未分類

七福神めぐり

長野市に、泊りがけで映画を見に行く。
見逃してしまったエリック・ロメール初期作3本を見るのが目的だ。

足早に映画館に向かう。
すると、弁財天を祀る神社を発見。
もう何度も通っている道だけど今まで気づくことはなかった。
軽くおまいりをすると『七福神めぐり』の案内がある。
どうせ、ホテルにチェックインするまで、仕事もできないので、映画を一本見てから『七福神めぐり』をすることにする。

巡っていくと、私の前後にかすかな影。
少ないながらも、同じことをしている人たちがいるらしい。

翌朝。
早く起きて残った2つをまわる。
すると、大きなリュックを背負ったバックパッカー発見。
この人も、同じ目的らしい。
さらに、またひとり・・・・・・・。

人間って笑える。
なにか目的を与えられると、コンプリートしようと動き出す。
そんな人が朝も早くから、意味があるんだかないんだかわからないことを粛々とやっている。

目的なんてなんでもいいのだ・・。
そして、それは意味がなければないほどいいのかもしれない。
不足を埋めるような行為は、目的でも、夢でもない・・と思った。

この記事へコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最新のコメント
ページトップヘ