未分類

年末放談

毎年時間オーバーの『年末放談』。
今年は先に言っておきます。きっと長いです。
一応1時間目処には考えていますが、しゃべりだしたら止まらない可能性があります。

とにかく変数が多くなっちゃいました。
困ったものです。
でも、それが世界です。
そもそも、変数が限定されていたことが特殊だっただけです。

では変数が大きくなったらどうすればいいのか?
凡人の私たちは何をすればいいのか?
どう考えればいいのか?

キーワードは「さよなら」。
この件については、6月の『VIPミーティング』でもちょっと触れているところですが、世の中に乗っからない・・ということについて考えてみたいと予定しています。

未分類

溺れる・・

ズボズボに溺れた(ている)・・。
こんなに仕事に溺れた(ている)のは、初めてかもしれない。
一瞬、「もうどうでもいいー!」と思ったりもしたが、土俵際で
こらえた(ている)。

待てよ・・。
溺れている・・のだから、土俵際など超えた・・ということのはず。
それなのに、こらえた(ている)という感覚はナニ?

ワーカーホリックの自覚は十分にある(つもりである)。
でも、自覚があるってことは、ホリックではない。
つまり、まだまだ・・だ(きっと)。

んーー?
ナニか間違っているような・・。

別に書くこともないのに、9日以来書いてないなーなどと思って、ダラダラ何か書こうとするのは、いけない・・。
『読書会』で「世界の暗黒化」について触れたばかりだというのに・・。
忙しくて冷静じゃないんだろうね・・。
この件も『読書会』で、仏教の転回について触れたばかりだというのに・・。
忙しくて冷静じゃないんだろうね・・

未分類

のんびり家で仕事をしていると・・

「21世紀末には、集団自殺同然の様相・・・」
そうドラッカーが言ったとき、あんまりよくわからなかった。
だって、24年も前の説教。
私はまだ30代・・・・・・・。

65歳以上の労働市場参加率は、現在、日本が圧倒的。
それは先進国でこれから起こることの一つとしてドラッカーが言い置いてくれたこと。
日本は、早くもそれを達成。
逆にいえば、もう余裕がない。

・・・・・・

風邪をひいたら出勤を拒絶される今日このごろ。家でゆっくり仕事をしていると、いろいろ浮かぶ。思い出す。
これは悪くない・・・。

んーーー、やりたいことだらけだ。
来年も忙しいな・・・。

新潟の屋外は、寒い冬。荒れた冬。
暖かい部屋で、暗い空を見る。
1月以来の経常収支赤字。年初よりマシではあるが、そのうち年間でのお話になる。
さて、いつまで暖かい部屋で、ゆっくり考えていられることか?
東京の構造ビル群の景色が頭に浮かぶ。
あれらも、暖房も全部ドルだ・・。

未分類

はな禅宴会!!

本日の『まーけ塾』は賑やかです。
いつも現場は多くて10人のところに、倍近い方々が押し寄せます。
宴会があるからですねー。

『まーけ塾』は、はじめてから22年ほど。
年に一回は泊まりの宴会をやっていました。

しかし、ここ数年は宴会なしが続きました。
別に、コロナのせいではありません。

それどころか、コロナ全開の2020年から、宴会再開!!で始動。
残念ながら、2020年は、お店がビビって中止になりましたけど、
昨年から、はな禅さんで貸し切り宴会。
これは定番になりそうです。

今年も、良いワインと日本酒を持ち込みでおいしい料理を楽しみましょう。
締めのラーメン2種類は、私のオーダーで特別なものを作っていただきます。

このラーメンは、ヤバいですよ!

そんなわけで、本日『まーけ塾』は、内容なんてもうどうでもいい・・という感じですけど、来年以降の展望はきっちりさせていただく予定です。

未分類

無意識セミナー

疲れたましたー。
ここんところ忙しすぎて、オフィスの机にいることがない・・。
もちろん、ブログなんて書いている暇もなし。
仕事が降ってくるのをこなしつつ、なんとか『無意識セミナー』にまで到達しました。

今回は、初めての参加者が6名。
昨年なんてゼロでしたから、この言葉では説明不能のワークショップとしては、すごい数です。

さらに、常連の方々の課題も濃いのが出てくる、出てくる。
ある大きなワークでは、私もヘトヘトになりました。
岐阜のIさんが来ないので、少し楽だと思ったら、伏兵が何人もいた感じです。

昨年、初めての参加者ゼロを受けて、今年を最後に、既受講者だけの閉ざされたワークショップへとも考えました。でも、新しい空気っていいですね。

既受講者だけのイビツに濃い空間もいいですが、新鮮な空気や視点の入る場にはまた違ったエネルギーを感じました。
まだ、来年のことは未定ですが、昨年言ったことは反故になるかも?

年頭セミナー参加予定の方々へ

今回のセミナーで、面白いワークのやり方を思いついてしまいました。
おそらく、来年はけっこう辛いことになると思います。お楽しみにー(笑)

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページトップヘ