年末のご挨拶

この世には
偶然などないと学べ

偶然とは
人間の想像の産物で
合理性のために
真実を犠牲とするものだ

(アンドレア・ボチェッリ)

今年は、新型コロナが私たちを襲いました。
そして、思いも寄らぬ境遇を私たちに突きつけました。
多くの人は、それを突発な事故とか運の悪さと捉えます。

偶然などない・・とすると、それは必然。
私たちは、今、必然の中でモガイているわけです。

だから、バーナード・ショーの次の言葉こそがふさわしいのだと思います。

ある人々は物事を見て「なぜ?(WHY?)」と尋ねるが、

私は同じものを見て
「それはいいじゃない(WHY NOT?)」と言う

(ジョージ・バーナード・ショー)

今年は、いつも以上に短い1年でした。
おそらく、目が覚めたからです。
あらゆるものが目覚め、私たちも目覚め、次の動きがはじまったからです。

だから、来年はもっと忙しくなります。もっと短くなります。
そして、もっとエキサイティングな1年になると思います。

来年もよろしくお願いします。
ありがとうございました。

 

ペナントレースに大きなどんでん返しはない

高校野球はどこが勝つかわからないらしい。
ペナントレースでは大きなどんでん返しはないらしい。
そして、世の中で展開されているのは、ペナントレース。
高校野球のわけはない。

ペナントレースは終わらない。
ずっと続く。

居酒屋が大変だ。
MRもリストラの嵐。
あそこも大変で、ここも大変・・・・・・。

みんなコロナのせい?

でも、昨年「忘年会スルー」という言葉があった。
MRの受難も言われるようになってから何年も経つ。
店長をちゃんと養成しないままの店舗展開もおかしい。
あれも、これも、どれも・・・・・・。

コロナは、加速装置。
結果をはやく突きつける装置。

時代の流れはさらに加速。すぐ結果が出る。
ずいぶんわかりやすい時代になった。

ただし、それをコロナのせいにすると見えなくなる。
どれも、これも、コロナって言う前に、
コロナがなかったらどうなったかを考えてみる。
そして・・・・・。

続きは、1月号の『戦略スケッチ』に書いた。
ぜひとも3段ステップのワークをやってみてください。

本日は、恒例の『年末放談』。
時間オーバーが毎年続くので、今年は終わりの時間を決めません。
適度に、疲れたらやめます(笑)。

よろしくお願いします。

 

スマホサイト

指摘されるまで、忘れていた・・・・・なんて!
この新HPの構想では、スマホ専用サイトのことも織り込んでいました。

ところが、どんどん作業が遅れ、いろんなやり直しを続けているうちに、スマホのことなんて、どこへやら・・・。
そんなわけで、現在、突貫でスマホ専用サイトを製作中です。

スマホ専用サイトは、自分で言うのもなんですが、とても潔いものなので、すぐにアップできる・・予定です。

しかし、同時に、スマホ専用の本気バージョンって面白いかもしれない。
PC用を母艦に見立て、スマホ用は、UFOにする・・みたいなものを思いついてしまいました・・。
でも、メンテを考えたら、やらぬのがいいですね。

 

正しく誤読する

真剣に本を読む会』というものをはじめました。
月2回、Zoomで行っています。

思いのほか、たくさんの方々からお申し込みをいただきました。
オカモト初体験の方も1割近くを占めています。
案内なんて、毎度のごとく適当なのに・・。
何が起きているのでしょうか?

予想外の申込みに焦って、『第0回』という音声も収録。
さらに、それでも足りない感じがして、第1回目でも、
読書の心得をけっこう話しました。

素材は、恐ろしく厚い本です。
これを、上書きが起こらないようにゆっくりと見ていきます。
サブテキストもいろいろ眺めていきます。
ですから、普通に読む・・というものとはかなり違います。

こういう読書は必要です。
普通の読書も必要ですが、それだけでは足らないのです。
まだ第1回ですが、そこら辺をおわかりいただけた参加者もいらっしゃると思います。

古典を、温故知新していく。誤読していく。
そこには、人の経験と頭の良い人の発見が佇んでいます。
それを発見していく。それを自分の体験と統合する。

まずは1年やっていきます。
自分で言うのもなんですが、かなりエグいことをはじめてしまったと思っています。

 

なんともいえない乖離

最近、再び、世の中が騒然としている。
21時を過ぎると「ラストオーダーが終わりました」と言われ、お店にも入れない。

今日現在の「実効再生産数」は、1.04(東洋経済オンラインより引用)。
東京は、1.03。

Go Toをどうするか・・で騒いでいるときでも、1.2くらいだった。
北海道なんて、先月末から1.0を切っている。
大阪も11月30日には、1.0を切った(現在1.02)。

まーしかし、医療現場は大変なことだろう。
指数なんて関係ない。目の前の実数がすべてだ。

個人的な意見は控えておくけれど、
世の中の騒然といろいろ発表される数字との「なんともいえない乖離」の不思議は、コロナ禍になってからずーっと続いている。

そして、ある種の浮遊感みたいなものを感じる。
見つけた情報と共に地に足をつけたいのだけど、それが許されずフワフワしているのだ。
私は、「安全率92%」というあやふやな自己基準を元に、ほぼコロナ前と同じ生活をしている。
でも、感染はしたくないから、もっとちゃんとした統計が欲しいといつも思っている。
意見なんていらないから、事実をしっかり見せて欲しいのだ。

私たち個人の行動。その参考になる統計ってのがほとんどない。
「僕の純粋な疑問に答えてよ!」とパソコンの画面につぶやいても、誰も相手にしてくれない。もちろん、テレビも雑誌も専門家も答えてくれない。

なんとか、商売の構築と同じようにならないものだろうか。
私たちは、いつも「僕の純粋な疑問」を用意して、そこに見過ごされているニーズを見つけていく。ある種のフィールドワークであり、エスノグラフィーを行っていると言ってよい。

おそらく、コロナ禍という現象でも、優秀なジャーナリストがそういう仕事をしてくれれば、ずいぶん私たちは楽に生活ができるのではないだろうか?(統計もね・・)

巷間に広がるいろんなものの反証もお願いしたい。それが本来のあの人たちのお仕事だと思うんだよな・・。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最新のコメント
ページトップヘ