ペナントレースに大きなどんでん返しはない

高校野球はどこが勝つかわからないらしい。
ペナントレースでは大きなどんでん返しはないらしい。
そして、世の中で展開されているのは、ペナントレース。
高校野球のわけはない。

ペナントレースは終わらない。
ずっと続く。

居酒屋が大変だ。
MRもリストラの嵐。
あそこも大変で、ここも大変・・・・・・。

みんなコロナのせい?

でも、昨年「忘年会スルー」という言葉があった。
MRの受難も言われるようになってから何年も経つ。
店長をちゃんと養成しないままの店舗展開もおかしい。
あれも、これも、どれも・・・・・・。

コロナは、加速装置。
結果をはやく突きつける装置。

時代の流れはさらに加速。すぐ結果が出る。
ずいぶんわかりやすい時代になった。

ただし、それをコロナのせいにすると見えなくなる。
どれも、これも、コロナって言う前に、
コロナがなかったらどうなったかを考えてみる。
そして・・・・・。

続きは、1月号の『戦略スケッチ』に書いた。
ぜひとも3段ステップのワークをやってみてください。

本日は、恒例の『年末放談』。
時間オーバーが毎年続くので、今年は終わりの時間を決めません。
適度に、疲れたらやめます(笑)。

よろしくお願いします。

 

スマホサイト

指摘されるまで、忘れていた・・・・・なんて!
この新HPの構想では、スマホ専用サイトのことも織り込んでいました。

ところが、どんどん作業が遅れ、いろんなやり直しを続けているうちに、スマホのことなんて、どこへやら・・・。
そんなわけで、現在、突貫でスマホ専用サイトを製作中です。

スマホ専用サイトは、自分で言うのもなんですが、とても潔いものなので、すぐにアップできる・・予定です。

しかし、同時に、スマホ専用の本気バージョンって面白いかもしれない。
PC用を母艦に見立て、スマホ用は、UFOにする・・みたいなものを思いついてしまいました・・。
でも、メンテを考えたら、やらぬのがいいですね。

 

正しく誤読する

真剣に本を読む会』というものをはじめました。
月2回、Zoomで行っています。

思いのほか、たくさんの方々からお申し込みをいただきました。
オカモト初体験の方も1割近くを占めています。
案内なんて、毎度のごとく適当なのに・・。
何が起きているのでしょうか?

予想外の申込みに焦って、『第0回』という音声も収録。
さらに、それでも足りない感じがして、第1回目でも、
読書の心得をけっこう話しました。

素材は、恐ろしく厚い本です。
これを、上書きが起こらないようにゆっくりと見ていきます。
サブテキストもいろいろ眺めていきます。
ですから、普通に読む・・というものとはかなり違います。

こういう読書は必要です。
普通の読書も必要ですが、それだけでは足らないのです。
まだ第1回ですが、そこら辺をおわかりいただけた参加者もいらっしゃると思います。

古典を、温故知新していく。誤読していく。
そこには、人の経験と頭の良い人の発見が佇んでいます。
それを発見していく。それを自分の体験と統合する。

まずは1年やっていきます。
自分で言うのもなんですが、かなりエグいことをはじめてしまったと思っています。

 

なんともいえない乖離

最近、再び、世の中が騒然としている。
21時を過ぎると「ラストオーダーが終わりました」と言われ、お店にも入れない。

今日現在の「実効再生産数」は、1.04(東洋経済オンラインより引用)。
東京は、1.03。

Go Toをどうするか・・で騒いでいるときでも、1.2くらいだった。
北海道なんて、先月末から1.0を切っている。
大阪も11月30日には、1.0を切った(現在1.02)。

まーしかし、医療現場は大変なことだろう。
指数なんて関係ない。目の前の実数がすべてだ。

個人的な意見は控えておくけれど、
世の中の騒然といろいろ発表される数字との「なんともいえない乖離」の不思議は、コロナ禍になってからずーっと続いている。

そして、ある種の浮遊感みたいなものを感じる。
見つけた情報と共に地に足をつけたいのだけど、それが許されずフワフワしているのだ。
私は、「安全率92%」というあやふやな自己基準を元に、ほぼコロナ前と同じ生活をしている。
でも、感染はしたくないから、もっとちゃんとした統計が欲しいといつも思っている。
意見なんていらないから、事実をしっかり見せて欲しいのだ。

私たち個人の行動。その参考になる統計ってのがほとんどない。
「僕の純粋な疑問に答えてよ!」とパソコンの画面につぶやいても、誰も相手にしてくれない。もちろん、テレビも雑誌も専門家も答えてくれない。

なんとか、商売の構築と同じようにならないものだろうか。
私たちは、いつも「僕の純粋な疑問」を用意して、そこに見過ごされているニーズを見つけていく。ある種のフィールドワークであり、エスノグラフィーを行っていると言ってよい。

おそらく、コロナ禍という現象でも、優秀なジャーナリストがそういう仕事をしてくれれば、ずいぶん私たちは楽に生活ができるのではないだろうか?(統計もね・・)

巷間に広がるいろんなものの反証もお願いしたい。それが本来のあの人たちのお仕事だと思うんだよな・・。

 

さが

2018年7月23日
朝、ブログを書いた。
そして、ジムに行った。
それから、腰の治療をしてもらって・・・。

この日を最後にブログをやめた。

やめた理由は、ブログに嘘を書いたので、
メルマの方で、本当のことを書いた・・。。

それからフジロックに突入。
ホワイト・ステージのceroが素晴らしい年だった。
戻って、すぐにシェウン・クティで踊った。
アフリカ人って、案外リズムがいい加減だなーと思った。

2018年後半は、
ベルイマンと濱口の特集に歓喜し、
ジミー桜井に驚き、
パンタ&ハルを堪能した。

時間がたつのは早いわ・・・・・。

2019年。
今考えると、2018年までに勝負がつき、この年は仕上げの年だったように思う。
周辺では、コロナ後の用意がほぼ完了。
遅れちゃったけど、打ち手がはじまった人も・・。

仙台でうまいすしを食って、
パタゴニアで氷河を歩き、
デレク・トラックスはやっぱりすごくて、
35年ぶりに一人旅をして、
フジロックは、平沢進にびっくりし、
話題の初音鮨はピンとこず、
肺炎になり、
知らんうちに治り、
ガムランの税関手続きにもんどりを打ち・・。

やっぱり時間がたつのは早いわ・・・・・。

2020年。
南極。
ドレーク海峡は地獄。
ペンギンは臭い。

帰ったら新型コロナ。
最初はお気楽。
そのうち様子が変。したがって、用心。
Rがべき乗とわかって、活動開始。
うまいものをたくさん食べた。
映画館も空いていてよかった。
9月には、全てを元に戻し・・・・・・。

そんな感じの2年間。
一方で、ホームページのリニューアルをやっていました。
そのドタバタは、ご案内のメールで書いたので繰り返しません。

そして、ブログ復活です。
世の中は、「時代は、YouTubeだー!!」って感じですが、どうでもいいです。

2年前を100とすると、今は145くらい。
信じられないくらい忙しいです。
一体、新型コロナの間の静けさは何だったのか・・?という感じです。
余計なこともいろいろはじめています。
「おれ、身体もつのかな~?」って思っています。

そのため、あまり書けないと思います(誰も期待してないか・・)。
でも、このままやめるわけにもいかないので、後ろ向きに書きます。

ならば、
どうして、
わざわざ、
ブログなんて、
再開するのか?

性とは困ったものです・・・・・・。

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最新のコメント
ページトップヘ