未分類

『真剣に、本を読む会』

本日を持って終了です。
ご参加いただいたみなさま、お疲れ様でした。

本日は、冒頭でカントの『啓蒙とは何か』から次の引用しました。
「人間は自らの責任において、未成年の状態にとどまっている」
だから、カントは「啓蒙が必要だ・・」と言いました。

今の時代は、オコチャマをオコチャマのままにしておくことに一生懸命です。
その方が儲かるのですから仕方がありません。
そして、そういう時代に文句を言っても意味はありません。
しょせん自覚の問題です。
自らの責任で選べばいいだけのお話です。

江戸時代のおっちゃんの一生懸命の作文は無邪気です。
儲ける気なんてありませんから当然ですね。
その無邪気さと戯れた2年間。
直球は絶望を誘発するので、大変だったことと思います

でも・・、これからです。
恒を得る行程は続きます。

最後に、吉田兼好の言葉を。
「道に遊ぶ」
2年前、この言葉の確認からはじまりました。

では、次の旅に出ましょう。
新たな被爆の旅へ

未分類

今年の『年の頭に頭を使う会』

昨年も少し予告していますが、今年はヤバいです。
どう転んでも、いわゆる”節目”になると思います。

主催側が、自らそんなことを言うようなセミナーには出ないのが肝心。
・・ではありますが、今回ばかりはね・・。

おそらく、春の『奄美大島ワークショップ』にもつなげていただけると思います。

問題を量でごまかす時代は終わっていますから、じっくり暗闇に入って鍵を探しましょう・・。

未分類

『年末放談』余話

あけましておめでとうございます・・と決まり文句を言いつつ。
昨年の『年末放談』余話です。

ここ数年『年末放談』が終わった後の余韻がよくありません。
おそらく、ZOOMに慣れてしまって、リモートで一人喋りをするのに慣れてしまったからだと思います。
最近は、『ウェビナー』なんて言葉も聞かれますが、はっきり言ってダメですね。やっている側に緊張感がなくなってくれば、先が見えています。

さらに、今年は、ちょっと言い方の微妙な間違いが気になっています。
マスコミは、常に、「起きたこと」にフォーカスします(当たり前ですね)。
ですから、受け手はそのことを意識しなくてはならない。
だから、最近のインフレ報道にも要注意と言いたかったところを、一言「うそです」なんて言ってしまって、後味悪かったです。極端な言い方は、ある程度仕方のないところですが、一発勝負で修正の聞かない場では、勢い付きすぎには気をつけねばならぬ・・と思いました。

言い損ねもありました。
1943年の件は、重要なことを言い損ねました。
この件については、『まーけ塾』12月で、1936年をネタに話しまくっています。
とりあえずは、そこで埋め合わせていただけると、ありがたいです。
なお、それではフォロー不可の方多数ですが、じわじわといろんなところで触れつつが限界。一発ものなのでご容赦ください。

さて、今年もはじまります。
1年なんてあっという間ですが、今年は、火種を煽る風が吹きます。
どこまで火の粉が飛ぶやら・・。

未分類

『年末放談』ありがとうございました

今年で16回目。
これが終わると、年末休みだー・・という気分になります。
今年も、みなさまありがとうございました。

今年は、A・ポルスターの言葉で締めさせていただきました。
そして、この言葉を受けて『真剣に本を読む会』の最終回に突入します。
長かった旅ももう少しで終わりです。
準備はほぼできました。
後は、已むだけです。

洞然明白

年末年始はゆっくりお過ごしください。
ありがとうございました。

未分類

年末放談

毎年時間オーバーの『年末放談』。
今年は先に言っておきます。きっと長いです。
一応1時間目処には考えていますが、しゃべりだしたら止まらない可能性があります。

とにかく変数が多くなっちゃいました。
困ったものです。
でも、それが世界です。
そもそも、変数が限定されていたことが特殊だっただけです。

では変数が大きくなったらどうすればいいのか?
凡人の私たちは何をすればいいのか?
どう考えればいいのか?

キーワードは「さよなら」。
この件については、6月の『VIPミーティング』でもちょっと触れているところですが、世の中に乗っからない・・ということについて考えてみたいと予定しています。

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページトップヘ