未分類

カマキリ

長岡のカマキリおじさんの予測はよく当たった。
カマキリおじさんは、カマキリが卵を産み付けた高さを計測して、降雪予想を無料で配布していた。
私は、1990年代まで、その冊子を手に入れていたと思う。

カマキリおじさんの本名は思い出せない。
長岡市の中小企業の社長さんだったと記憶する。

昨年、我が家の屋根の近くにカマキリが卵をつけた。
「こんな高いところに・・・。今年は大雪だー!」
と言っていたけれど、そんなことはすぐに忘れてしまった。

そして、12月。
降り積もる雪に翻弄された。
あんなひどい雪は人生ではじめてだった。

そういわけで、今年はカマキリが気になって仕方がない。
卵っていつ頃つけるのか?
よく考えてみたら、それも知らない。
11月にはさすがにつけていると思うのだけど、今のところ見当たらない。

だいたい、仕事ばかりしていて、外に出ることも少なくなっている。
毎年同じところにつけるわけではないのだから、もっと歩き回らないと、見つかるものも見つからない。

だいたい、カマキリおじさんは、100個近くのカマキリの卵を丁寧に観察していたわけで、たった一つくらい見つけても何もわかりゃしないのにね・・。

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最新のコメント
ページトップヘ