有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

『週刊 岡本吏郎』は、有料メールマガジンです。

ビジネス書では遠慮をして書けないことやコンサルの現場で
痛感することを毎週配信します。
また、メールマガジンの特性を利用しインタラクティブな「 Q&A 」や
会員制勉強会『まーけ塾』のレポートなどもお送りします。

今週の目次 2021年4月6日 822号

1.TAROの独り言

2. 理想はハイジのおじいさん

■借景2

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は、アラサー女が借景に気付くお話だった。
ドラムの音のタイミングに乗せられて、地味な話がグイグイ進んでいく。

 

************ 以下、続く ************

3.まーけ塾レポート

【第一週】今月の『まーけ塾』を俯瞰する(目次)

1.今月のトピック!!

  1. 事業再構築補助金、概要決まる
  2.  ↑ 使えないので、デジタル系補助金を総括する
    ・・・・・・

2.今月のコロナ

    今月より、雑談に包含します。
    1年間、お付き合いありがとうございました。
    あと2年くらいは用心して暮らしましょう。

3.今月の有象無象

  1. 兆し
  2. 飲食業の明暗
    ・・・・・・

4.今月の金融

  1. 為替の行方
  2. ヒンデンブルグの予兆
    ・・・・・・

5.その他雑

4.Q&A

今週も貴重なお話をありがとうございます。

ところで816号の「TAROくんの独り言拡大版」を読んだら、どうしてかゲーテの“若きウェルテルの悩み”が浮かんできました。
何か通ずるところはありますでしょうか?

【ちなみに蛇足ですがゲーテは「この本のような経験をしてこなかった人間は哀れなり」と言ったそうで、“してこなかった側”の人間としては頭を抱えています(苦笑)】

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『エドマンド・バーク』

6.砂漠の中から本を探す

『毎日あほうだんす』

7.TAROの迷い言