有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

『週刊 岡本吏郎』は、有料メールマガジンです。

ビジネス書では遠慮をして書けないことやコンサルの現場で
痛感することを毎週配信します。
また、メールマガジンの特性を利用しインタラクティブな「 Q&A 」や
会員制勉強会『まーけ塾』のレポートなどもお送りします。

今週の目次 2022年1月25日 第866号

1.TAROの独り言

2.TAROくんの独り言拡大版

■ 客観化

悪い意味で、カンのとても良い人がいます。
くどーいですが、悪い意味です。

こういう人たちへの対応は、コンサルタントにとって勝負どころの一つです。
中小企業コンサルの現場では、必ず遭遇するケースです。

実を申しますと、私はこの勝負に勝ったことがありません。
最近もこんなことがありました。


************ 以下、続く ************

3.まーけ塾レポート

【第四週】所得の海外流出

日本の実質GDI(国内総所得)が、実質GDP(国内総生産)を下回っています。
したがって、日本の交易利得はマイナスです。

このマイナスは、資源高騰による所得の海外流出が原因です。
もちろん、円安も要因です。
2020年までは、ほとんど交易利得はゼロでした。
それが、2021年に入るとマイナスが拡大をはじめています。

4.Q&A

東京で狙っているお店

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『立川談志』

6.砂漠の中から本を探す

『5000日後の世界』

7.TAROの迷い言