有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2018年3月20日 660号

1.TAROの独り言


怖い顔の板前さんがいるカウンター蕎麦屋に行く。
いつも怖い顔をしているので、カウンターで飲んでいても、ちょっと緊張する。

2.Dファクトリー 落書き(編集版)

■2010年5月

二・二六事件を起こした青年将校は真面目な人たちでした。

龍土軒(フランス料理店)主人の証言

「 あの方たち(青年将校)は、みんな無口で、真面目な方ばかりでした。ぜいたくなど、とんでもありません。 簡単な食事どころか、せいぜいお茶と菓子くらいで会合していました。 わたしたちも、つい、商売抜きで面倒をみてあげたくなりました。 支払いは、みなさんの名前を帳面につけて、まとめて連隊の経理のほうに請求し、 経理から月給引きで支払ってもらいました」

 

3.まーけ塾レポート(2018年2月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. VIXベアETN
  2. 米ゼロックス買収の意味
  3. ビットコインについてまとめておく
  4. 住宅メーカーのゼネコン買収
  5. 大人の粉ミルク
  6. サービス化は正しいのか?
  7. ネット巨人の戦いから言えること
  8. 再び、テロメア
  9. GAN
  10. AIリストラの後に残ること

8.再び、テロメア

テロメア話の続きをやりましょう! テロメアとは、染色体の一番端にあって染色体を保護するものだということが発見されているわけですが、このテロメアの長さが短いと細胞分裂が止まってしまうっていうんですよね。

4.Q&A

6年間営業として活躍してくれた女子社員が鬱病になり、1年休職した後に復職しました。営業職は厳しいということで、営業サポートとして新人営業マンの育成や、営業システムの構築で活躍してくれ喜んでいました。
しかし復職後半年くらいで躁になり、攻撃的でひどいうそもつくようになってきました。旦那さんと連絡を取り相談しましたら、病院に連れて行って、躁と診断されました。 でも本人は、旦那が私を病気にしたがっていると騒ぎ、それ以来病院に行きません。
他の理由もあったと思うのですが、強引に離婚してしまいました。 もともと能力の高い彼女は、躁鬱でない時は必要な人間です。しかし、躁の時は手に負えません。病気でないと診断された時だけ、出社OKとするか、もしくは会社を去ってもらうようにもっていくべきか、または他の案かと悩んでいます。
社外であることないことを大声で言っているようです。こちらの思いやりも伝わりません。長い目でみれば去ってもらうのが正解かと考えていますがいかがでしょうか。宜しくお願い致します。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『村上 幸彦』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言