有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2018年4月24日 665号

1.TAROの独り言


今年のはじめにパーソナルジムのおにーさんに聞かれる。
「岡本さん、ビットコインってどうですか?」
「んーーやめたほうがいいと思うよ。あんたみたいなのが、次々買うからまだ上がるかもしれないけど、やめときな」

2.TAROくんの独り言拡大版

■過激?


最近、現場で仕事をすることがあります。 おかげで、ボディコピーを書いたりしています。 おそらく、こういうことを作業レベルでやっているのは20年以上ぶりです。

 

3.まーけ塾レポート(2018年3月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 「あのネットサービスは今」という記事(笑)
  2. ハヤカワというビジネスモデル
  3. コインランドリー(大笑)
  4. メガネスーパーはメガネスーパーでいいのだ
  5. 変わる葬儀
  6. 縮んで稼ぐ
  7. スモールマス
  8. セブン、K値超える

7.スモールマス

大手企業が「スモールマス」という考えを導入しはじめました。 あくまでもマスマーケティングだけど、セグメントは一歩踏み込む・・・ということのようです。

4.Q&A

先月、魚沼産コシヒカリが「食味ランキング」にて特Aから初めて陥落したというニュースがありました。
昨年のまーけ塾のコーナーでも、コシヒカリが歴史的安値をつけた とのレポートもありましたね。
魚沼産というブランドにあぐらをかき、努力を怠ってきたからなのか...、他県がこぞって品種改良に力を入れてきたからなのか...。
色々な要因が重なっての当然の結果なのだと思います。
今後、米農家はブランド力に頼らず、どう生き抜いていくべきなのでしょうか。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『臨済 義玄』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言