有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2018年5月15日 668号

1.TAROの独り言


当社の会議室を提供して、英語の勉強方法に関するセミナーが行われた。
終わってから、懇親会もあって、若干2名外国人乱入。

私はただ困った・・・。

2.どうして、こんなに予言的?

■稲盛方程式をけなす

どれだけ、投資を受けたいという起業家や経営者がその事業にコミットメントしているのか。はやっているからとか、お金もうけできそうだからとかいう人が、やはり、いるのです。
そこで、なぜ、この事業をやろうと思ったのかや起業したいのかをシリコンバレーでは、その人の生い立ちから聞くのが常です。
本当にやりたいのか、起業がかっこいいからやってるだけなのかがすぐ分かります。コミットメント、情熱の強さみたいなものは、事業の成否を分ける最も重要なポイントです。

(伊佐山元【ベンチャー・キャピタル『WiL』創業者】)


『真説・企業論』で、中野剛志さんが『日経ビジネスオンライン』から引用しているインタビュー記事の一部である。
中野さんは、この記事の引用後、ロイターの調査結果を紹介し、伊佐山さんの言っていることとは"違った答え"を有力としている。

3.まーけ塾レポート(2018年4月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 税金と消費の関係を整理する
  2. やっとサラリーマン大家ってつまらん言葉も消える?
  3. 『コーディングドージョー』
  4. 英語中間報告
  5. 情報資源
  6. コンビニはK値超えか?
  7. 富士メガネ
  8. エア・ウォーター

4.英語中間報告

英語の勉強を始めて2年半がたちます。
おかげさまで、外国人に英語で話しかけられても抵抗はなくなり、道を聞かれてもシャキシャキと教えてあげたりしています。
英語の本も、ほぼほぼ抵抗なく読めます。
そして、最低でも毎日1ページは読むようにしています。簡単な本なら速読も可能です。

4.Q&A

今年も、もうすぐフジロックですね!
毎年恒例の質問ですが、今年岡本さんはどんなスケジュールで観賞予定ですか?そして、楽しみにしているアーティストはいますか?
ちなみに私は小袋成彬が楽しみです。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『萩本 欽一』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言