有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2018年5月8日 667号

1.TAROの独り言


車が動かない。
何をしても動かない。
車屋に電話をした後、スタッフの1人がやってくる・・・。

「私が車の移動をした時、エンジンを切り忘れた気がするんです」

そして、休みの日にそっとガソリンを入れておいたそうだ・・・。

2.コブラツイストは、ツボに効く

■コープの実験


『AIの衝撃』という本が、次のエピソードを紹介している。

デビット・コープという大学教授は、「音楽知性の実験」というプログラム(AI)に曲を作らせる実験を行った。

このAIは、作曲家でもあるコープの作曲スタイルがプログラミングされた。しかし、聞くに堪えないひどい作品しかアウトプットできなかった。
そこでコープは、サンプリングを土台にして作曲させることにした。 彼は、バッハの賛美歌を300曲ほど取り込み、特徴を抽出。それらの組み替えで曲らしいものを作らせた。

3.まーけ塾レポート(2018年4月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 税金と消費の関係を整理する
  2. やっとサラリーマン大家ってつまらん言葉も消える?
  3. 『コーディングドージョー』
  4. 英語中間報告
  5. 情報資源
  6. コンビニはK値超えか?
  7. 富士メガネ
  8. エア・ウォーター

2.やっとサラリーマン大家ってつまらん言葉も消える?

シェアハウス運営の『スマートデイズ』の民事再生申請は、不動産市場衰退の兆しになるのかはわかりませんが、サラリ-マン大家市場の縮小は間違いなさそうです。 サラリーマン大家ビジネスに怒りを感じている私としてはうれしい限りですね(笑)。

4.Q&A

岡本先生は毎年いろいろな国に旅行に行かれていますが、 もし今、生まれ変わるとしたらどこの国に生まれたいと思いますか。
理由を含め教えてください。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『言志四録』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言