有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2019年1月22日 705号

1.TAROの独り言


新宿にカウンター割烹で仲良くなったソムリエに教えられて、開業したばかりのフレンチに行く。

2.どうして、こんなに予言的?

■イリリア族


イリリア族が蛮族(バルバロイ)と見なされていたのは、ギリシア語を話さなかったことだけではない。

天候の不良などが原因で収穫が低下すると、農作方法の改善によって翌年の生産性をあげることは考えず、近隣の国々に侵入しては略奪するという、手っとり早い解決法に訴える人々であったからだ。

(塩野七生『ギリシア人の物語 III 』より)


イリリア族は、アドリア海で漁業をすることも可能だったが、海賊を選んだ。
そのため、近隣諸国と友好関係を結ぶこともなかった。
それでは略奪することができなくなるからだ。

3.まーけ塾レポート(2018年12月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. シェールガスの動き
  2. ほらね!ミャンマーで騒いだ人の苦境
  3. ふるさと納税指定制へ
  4. 税制改革  私たちがこの政府を選んでしまったのだよ・・
  5. RIZAPのインチキ体質
  6. 越後湯沢は未来だ!の現実化
  7. 人材引き抜き合戦
  8. VRがヤバくなってる
  9. ニトリの今後 チェーンストア理論の今後
  10. 佰食屋
  11. 無印良品の東南アジア・シフト
  12. 空気コピー(笑)
  13. ペイパルの真似してどうするの?

10.佰食屋

「一日100食限定ランチ」のステーキ丼専門店『佰食屋』。午後2時には最後の客が店を出て、従業員は6時頃に仕込みを終えて帰るそうです。現在、3店舗展開。
これからは「50食限定」のフランチャイズを展開する予定。
だいたい、このフランチャイズで夫婦の年収は500万円。
んーー、こういう方が豊かかもしれませんね。人の採用も難しいわけですし・・・。

4.Q&A


岡本先生はアウトドアなイメージがありますが、お勧めのアウトドアアクティビティはありますか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『椹木 野衣』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,320円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込550円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー