有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2019年3月26日 714号

1.TAROの独り言


正月に帰省した息子に、ある映画を絶賛すると、「あれ、その映画、神戸でやっている」と言って、翌日に帰ってしまった。 寂しい・・・。

2.TAROくんの独り言拡大版

■記憶

八幡山にラーメンを食べに行きました。 ラーメンのために約1時間をかけている余裕なんてまったくないのですが、ひょんなことから空白時間が出現してしまいました。
仕事をしようにも、やりようがない・・という状況に置かれてしまえば、発想を変えて、どこか遊びに行くしかありません。
そこで、八幡山のラーメン屋が思いついたというわけです。

 

3.まーけ塾レポート(2019年2月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 空き家関連スタートアップ
  2. ニューヨークの新しい寿司
  3. スーツ量販店、その後
  4. セブン-イレブンのティッシュ
  5. 30万円超のスマホケース
  6. 地下アイドル
  7. ますます高額商品
  8. イノベー食
  9. コカコーラの値上げ、ヤマザキパンの値上げ
  10. 高級ファミレス
  11. 安倍政権の逆噴射
  12. やっと飛び出した!レオパレス
  13. コインチェックは死なず・・と言うが・・・・・・?
  14. 節税保険停止
  15. 地銀のたそがれ
  16. オリックスのこれからの投資戦略
  17. ボルト不足
  18. 堺屋太一死去
  19. ちょいバカ目線だってさ・・(笑)
  20. ジビエ・ラーメン
  21. 同窓会行かない症候群
  22. 「働かない時代」は本当か?
  23. 情報は、私のためにはないのだ

23.情報は、私のためにはないのだ

これからお届けする『マンスリーCD』では、「情報量が少ないこと」がいかに有利かを1時間ほど言い放っているのですが、ここでは「情報量の多いこと」がいかに意味のないことかを考えてみましょう。

4.Q&A


親が子どものことをうらやむ感情、例えば子どもの幸せを妬むとか、 子どもだけが幸せになるのは許せない...といったことは、親自身の心の問題だと思っているのですが、実は、親自身にそう思わせてしまっている自分自身にも問題があるのでは?と考えてしまいます。
そういった親とはどう向き合っていったら良い関係が築いていけるのでしょうか。 抽象的な質問ですが、ヒントでもいただけたらと思います。 

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『『ボヴァリー夫人』より』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,320円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込550円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー