有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2020年1月21日 758号

1.TAROの独り言


咳が止まらなくて医者に行く。
診断は、ぜんそく。

しかし、いつまでも治らないので、大学病院へ行く。
診断は、ぜんそくではなく、単なる風邪の後遺症。

2.コブラツイストは、ツボに効く

■ごとき


中村とうよう(著)『雑音だらけのラヴソング(70年代編)』に次の文章があった。

■ニーナ・シモンの聴衆たち

ニーナ・シモンの公演をぼくより先に観た福田一郎さんから、お客が全然リズムに合わない手拍子をするので邪魔でしょうがない、困ったものだ、という話を聞いていた。

3.まーけ塾レポート

【第三週】ユニコーン企業曲がり角


この間、一人ですし屋のカウンターにいると、二人の若者が隣にやってきました。
そして、彼らが語るには、年齢35歳。仮想通貨で2000万円ほど儲けました。だから、とても調子に乗ってまーーーーす!!

4.Q&A

 

岡本先生は、常にアンテナを張っている(勝手に情報が寄ってくる?)イメージがあるのですが、1年365日のうち仕事のことを全く考えない日はありますか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉


フェデリコ・フェリーニ

 

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』 1,200円(税込1,320円)/月

メルマガ目次 バックナンバー