有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2020年3月17日 766号

1.TAROの独り言

2.Dファクトリー 落書き(編集版)

■変化

人の変化は、1日で激変するものではありません。 あらためて言うことでもないですね(笑)。 おそらく感覚的には、"起こしてきたことのパーツ"が組み上がっていく・・・・・みたいなことが変化なのでしょう。

************ 以下、続く ************

3.まーけ塾レポート

【第三週】牛乳配達

4.Q&A

いつもメルマガありがとうございます。

岡本先生のメルマガに、人口減少社会は呪いを信じる人が増えると書いてあって、その通りだなぁと思いました。
そして、その時に思うことは、呪い自体はどうでもいいのですが、呪いを信じて周りが変な動きをするので、実害を被るということです。

東日本大震災の時も、今回のコロナの件についても、それを思いました。

この前電車に乗ったときに、熱も咳もないし、論文検索してマスクに予防のエビデンスはないことは分かっていたので、マスク無しで電車に乗ったら、変なおばちゃんにギョロッと見られました。
そのおばさんは、不安そうにこっちを何度も見て、自分のマスクの位置をしきりに直しておりました。

東日本大震災の時も、研究機関が出している放射能の数値を見て、問題ないので普段通りにしていたら、親戚から電話がかかってきて、あーだこーだ言われました。
こっちは淡々と生きたいので、うっとうしい限りでございますが、呪いが本当かどうかであれ、呪いを信じる人にとって呪いは現実です。
それは、呪いだよっ!なんて言ったらひどい目にあうこと間違いなしです(笑)。

これからは、そういうことが増えていくと思います。国も社会も人も。
私にとっては、そっちのほうが呪いなんかよりも恐怖だし憂鬱です。
そういう被害から少しでも逃れたいなぁといつも思うのですが、どうすればよいでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。



5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

宮本武蔵

6.砂漠の中から本を探す

『どこからお話ししましょうか 柳家小三治自伝』

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,320円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込550円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー