有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2020年3月3日 764号

1.TAROの独り言

2.理想はハイジのおじいさん

■不条理

デヴィッド・ロウリー監督の『A GHOST STORY』は、オバQのような幽霊が出てくる低予算の映画だ。

主人公は、ほとんど白い布をかぶっているだけ、会話もほとんどなし(英語版でも十分見ることが可能。ただし、英語字幕は必要です)、カット数もとても少ない。


************ 以下、続く ************

3.まーけ塾レポート

【第一週】今月の『まーけ塾』を俯瞰する(目次)

(1) 南極行きのため、今回は、「重要な兆し特集」だよーー!
・・と言って準備してたのに、新型コロナウイルス話で埋め尽くされてしまいました~
  1. 新型コロナウイルスは、予行演習!!【重要】
予定していた内容
  1. 今のYouTubeを考える
  2. コンビニは飽和なのか、違うのか?(パンと共に考える)

・・・・

(2) 勝ち組、負け組、次の手、あの手
  1. 値上げに成功した企業
  2. まだ、2月4日は牧歌的だった

・・・・

(3) 金融・経済
  1. 円のこれからを考える・・(時間あるかな)
  2. 令和恐慌?を考えてみる
(4) その他雑談
今月は、あまり雑談できませんでした。
  • キックボードって、なんとかならないみたいだねー
  • アマゾンの医療

・・・・

相変わらず、悪口の対処だらけなので、言いまくりました。
でも、今月は、新型コロナウイルスにかなう話ってなかったかも・・・・・・。
コロナ君のせいで、話したいことが大量にたまったので、それは4月の「お泊りだよ!まーけ塾」で蔵出し予定です。

4.Q&A

新しい大河ドラマが始まりました。 長らく「稀代の裏切り者」のイメージが定着している「明智光秀」を、新しい解釈で描く物語になるそうです。 時代考察は研究が進む中で変わっていきますが、日本人は本当に「戦国武将」の物語が好きですよね。 岡本先生は、時代小説も読まれるかと思いますが、どの時代が好きですか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『亀井勝一郎』

6.砂漠の中から本を探す

『正しい肉食』

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,320円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込550円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー