ホーム >『過去のセミナー』 > 『戦略セミナー2020』 > 【第1回】「中小企業の戦略は、穴を埋めると見えてくる」

こちらは【第1回】のレポートとなります。

『戦略セミナー2020』 【第1回】「中小企業の戦略は、穴を埋めると見えてくる」

「戦略とは、即、常識である」

(カール・フォン・クラウゼヴィッツ)

このクラウゼヴィッツの引用で、
全8回の『戦略セミナー2020』ははじまりました。
そして、まずは、全8回にわたる話の共通項について、
ガイダンスされます。

ガイダンスの内容は、

  • ・ニッチ
  • ・K値
  • ・いかにマネがナンセンスか(J・フェファー&R・サットン論文)
  • クリステンセンの笑えるお話
  • ・革新的なアイデアには要注意
  • ・大久保流改革3か条
  • ・勝つべき企業が勝つ
  • ・煎じ詰めれば・・・・・・

このガイダンスで、K値からコンビニエンス・ストア経営を考えると、ピークを過ぎていると断言。
その断言の2か月後から、現在にまで続くコンビニエンス・ストアの数々の問題の噴出がはじまります(これが、このセミナーシリーズで
次々とされる予告の最初に当たったものになりました)。

1回目は、このガイダンスの内容で十分と考えています。
同時に過去の『戦略合宿セミナー』の復習も兼ねて、
戦略を考える上での3つの分析を行いました。
そして、分析の後、「9つの戦略ツール」を見ていきました。

上記のクラウゼヴィッツの言葉がわかっていれば、
「戦略ツール」などどうでもいいところですが、
こうした道具が好きな方は多く、こうしたものを提示しながら、
同時に批判。
戦略で最も重要なことを確認していきました。

そして、最後に、問題解決の究極の方程式と
ランダムアクセスを確認して一日を終えました。

これから何年かをかけて行っていくセミナーの底流に流れる考え方を156名の参加者と共有しました。

岡本吏郎

ご参加いただいた方の声を一部ご紹介いたします

私はこのセミナーでなければならないから、出席しているわけで、
岡本先生でなくてはならないから、このセミナーを受けているわけです。
それを私、いがみ建築工房も、もたなくてはいけないということを理解しました。
たんぽぽの話はとてもわかりやすく、腑に落ちました。
“雑草”の話も出てきましたが、“雑草”とひとくくりで呼ばれるのではなく
“たんぽぽ”と呼ばれるようにならなければ、生き残っていけないということなのですね。
「あなたでなくてはならないもの」=「アイデンティティー」なんですね。

私は自分の体験を通して聞くことが出来ましたので、より理解が深まりました。
ありがとうございました。

なぜあなたでなくてはならないのか?

  • 私は誰よりも家のことが好きだから。
  • 私は誰よりも“小さな家”を美しくかっこよく、そして暮らしやすくつくることが出来るから。
  • なぜそんな自信があるかというと「つくり込んできたから」です。
  • 私は誰よりも、同じ家をつくり込んできました。
    だからこの「小さな家」においては誰にも負けません。

いがみ建築工房 伊神 様

わたしが岡本先生の会に参加させていただいてから、15年近く一貫して
経営者は「やるべきことをやる」という常識こそが戦略だという教えをいただいたとおもいます。
先生がそれを言い続ける必然性があるのは、多くの経営者がそのことを実践出来ずにいるから、
さらに出来ている経営者がいても、それが継続できるようにいろいろな視点からその優位性を唱えることが
経営者を育成することの先生のミッションだと思われていらっしゃるからだと、僭越ながら感じました。
岡本先生が昔、
「僕が何を言っているかより、何をしているかを見ればいい」
とどなたかにおっしゃっていた事を思い出しました。

・わたしが今すべき事は何か?
・お客さまにとって自社の存在意義はなにか?
・なぜお客さまは自社でなければいけないのか?
・自社の存在意義が揺るぎないものになっていない場合、その原因は何か?
・さらにその原因を追求し改革するのか?それを放棄し第二の道を選ぶのか。

自分にとって辛い(苦手な)試みですが、短期の結果をもとめずに、毎日考え続けて考え倒して、
トライアウトしながら天からの声が聞こえたら速やかに実践します。

わたしは現場が好きでお客さまが大好きで、
一緒に働く語学の専門家達をリスペクトして約30年仕事が好きで好きでたまりませんでしたが、
最近その景色がセピア色になってきがちな自分を感じることがありました。
この度のセミナーはそのことを見直す機会となりましたことに感謝します。
そして仕事とは売上(重視)ではなく、自分の哲学であり・生き方であり、
社長(会社)の生き方に賛同してくれる人との縁がお客さまとして結ばれ、
その対価としてお金がついてくるのだと再認識しました。

本日頂いた課題を明日から毎日 1 項目づつ考えていきます。
ありがとうございました。

学び舎 本間 裕子 様

『戦略セミナー2020』は、全8回を予定しています。

できるならば、1年に2回ずつ開催しようと考えています。
8回の内容は次のとおりです。

第1回
「中小企業の戦略は、穴を埋めると見えてくる」
第2回
「北朝鮮を見習え! “ゲーム理論”入門」
第3回
「ポーター再読」
第4回
「企業経営をシステム思考で考える」
第5回
「軍事戦略から考える」
第6回
「中小企業戦略再読」
第7回
「ケーススタディーを考える」
第8回
「100年戦略を思考してみる」

『戦略セミナー 2020』 開催概要

【第1回】「中小企業の戦略は、穴を埋めると見えてくる」

日程

2018年2月15日(木) 11:00~17:00

会場
KFC Hall&Rooms
参加費
58,000円(税抜)