ホーム > 『アーカイブズ』 > 『年末年始のごあいさつ』

『年末年始のごあいさつ』

年末のご挨拶(2020年末)

  • この世には
    偶然などないと学べ

    偶然とは
    人間の想像の産物で
    合理性のために
    真実を犠牲とするものだ

    (アンドレア・ボチェッリ)

    今年は、新型コロナが私たちを襲いました。
    そして、思いも寄らぬ境遇を私たちに突きつけました。
    多くの人は、それを突発な事故とか運の悪さと捉えます。

    偶然などない・・とすると、それは必然。
    私たちは、今、必然の中でモガイているわけです。

    だから、バーナード・ショーの次の言葉こそがふさわしいのだと思います。

    ある人々は物事を見て「なぜ?(WHY?)」と尋ねるが、

    私は同じものを見て「それはいいじゃない(WHY NOT?)」と言う

    (ジョージ・バーナード・ショー)

    今年は、いつも以上に短い1年でした。
    おそらく、目が覚めたからです。
    あらゆるものが目覚め、私たちも目覚め、次の動きがはじまったからです。

    だから、来年はもっと忙しくなります。もっと短くなります。
    そして、もっとエキサイティングな1年になると思います。

    来年もよろしくお願いします。
    ありがとうございました。

    2020年12月28日

    岡本吏郎

年始のご挨拶(2021年1月1日)

  • あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    ヘーゲルは言います。

    「自由とは、必然性を主体に生きることだ」

    そこで、次の言葉が屹立します。

    自業自得

    おそらく、アンドレア・ボチェッリが言いたかったことも同じことでしょう。

    「この世には、偶然などない」

    私たちは、この言葉をしっかり受け止めなければいけません。

    しかし、くだらない合理化をしなければ、
    そして、真実を犠牲にしなければ、

    そこには、自由がある。

    この事実を明るく受け止めたいと思います。

    また1年がはじまります。
    今年もよろしくお願いします。

    2021年1月1日

    岡本吏郎