有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

HOME > 有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2017年7月25日 624号

1.TAROの独り言

『映像セミナー』が、大量の酔っぱらいを産出しつつ終了した。

2.TAROくんの独り言拡大版

■布置

2月に、事業部門の一つを売りました。 そのために、スタッフの一部は新しい職場に移動していきました。 移動したスタッフの1人は、移動後の最初の日曜日に我が家に遊びに来ました。 また、あるスタッフは、バレンタインデーのチョコレートと一緒に手書きの長い手紙を持ってきてくれました。

3.まーけ塾レポート(2017年6月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 再々再度シェアリングエコノミー
  2. まだわからないぞ、ふるさと納税
  3. 民法大改正
  4. そっぽ率
  5. 『小学8年生』
  6. レゴランド
  7. 値上げを考える
  8. 宇宙葬
  9. カール
  10. シニア向けカタログ
  11. せとうちHD
  12. マストドン
  13. もう一回、イーロン・マスク
  14. アブラゼミを食べる

14.アブラゼミを食べる

セミの幼虫にはかすかに小エビのような風味があり、イナゴの串焼きにも、これをもっと強くしたような味がある。しかしこれはごわごわして恐ろしく硬く、汁気がなくて、まるで羊皮紙を噛んでいるようである。

アリストテレスの称賛しているこの料理を、私は他人にすすめようとは思わない。

『完訳 ファーブル昆虫記』より

レストランノーマを描いたドキュメンタリー映画の原題は『Ants on a Shrimp』。 生きたままのアリが、エビの上で動いている様を見て、どうしても食べたくなりました。すぐに、ノーマのサイトを見てみたものの、今春に閉店。 再開の時期はわかっていません。

4.Q&A

はじめて質問させていただきます。 私は自他ともに認める"三日坊主"です。 一念発起して購入した筋トレの器具も、数回使った程度でクローゼットの肥やしとなっています。 岡本先生は、英語の勉強を続けておられますが、続けるためのコツのようなものがあったら教えてください。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『『ハドリアヌス帝の回想』より』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー