有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

HOME > 有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2017年12月12日 644号

1.TAROの独り言

マダガスカルに行く。
ある夜、大音量のDJ。
祭りかな?と思ったけれど、真夜中になっても鳴り止まない。
ホテルの窓を閉めていても、よーく聞こえる大音量。

2.コブラツイストは、ツボに効く

■あふれた暇 つまらぬ気晴らし

「退屈」という言葉を聞くと、すぐに浮かぶ景色がある。
小学校2年生。夏休み。セミの声。高い太陽。雁木通り。町家。1歳下の友達・・・。
そんなに細かく書く必要もないけれど、言葉は次々と浮かんでくる。

 

3.まーけ塾レポート(2017年11月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ヒットを見てても、手間のかかる時代を実感・・
  2. 竹、北上!!
  3. 電気旅客機
  4. 商工中金の不正の普遍性
  5. 小池は、元型から降りて、ついでに党首も降りた
  6. 新しい『ブレードランナー』が教えてくれること
  7. 映画評論家なんて、大して映画を見れないと思うよ(個人差あるけど・・)
  8. アディーレ処分。遅かったね・・
  9. ユニクロの3倍法則限界に来る?
  10. 幸楽苑が沈んで日高屋元気
  11. 河西智彦のインタビューを読んで
  12. メルカリとかDeNAとかのこと・・
  13. 今度こそ、所得税改革は進むかな・・?
  14. ミニ・バブル、いつまで続くか?

5.小池は、元型から降りて、ついでに党首も降りた

「小池百合子は、グレートマザーだ!」発言をしたので、ちょっとフォローをしておきます。
後付けになってしまいますが、小池さんは元型から飛び降りちゃいましたもんね。

4.Q&A

部下の息子が来年高3になるのに勉強もせず、毎日遊んでばかりいるそうです。 なのに○○大学に入りたいとか、明らかに手の届かない志望校をあげて口ばかりで困っている、と...。
本当に本人がそうしたいと思っているのかはわからないですが、やる気や焦燥感を出させる方法ってあるのでしょうか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

ウィリアム・ジェームズ

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー