有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

HOME > 有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2018年11月13日 694号

1.TAROの独り言


バンドでやっている曲を、記憶だけでずっと適当に弾いていた。
そんな難しい感じじゃないし、まーいっかーって感じ。
でも、リズムが違う・・・と指摘され始める(我慢してたけど、いい加減嫌になったんだろうな・・・)。

2. コブラツイストは、ツボに効く

■マンガ化

ボードリヤールが、『シミュラークルとシミュレーション』で提示したことは、私たちの想像以上の広がりを見せている・・・・・・・。

シミュラークルとは、もともとは文化人類学の用語だ。 伝統文化が滅びてしまった後、それを惜しんで復活させた「まがいもの文化」を指す。

木曽路や川越の街は、オリジナルがそのまま残っているから、シミュラークルではない。
バブル時代に乱立した『トルコ村』とか『ロシア村』みたいなものは、シミュラークルだ。
そして、おかげ横丁をはじめとして、もともとあったものの復活も、シミュラークルと言えるかもしれない。

3.まーけ塾レポート(2018年10月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ネット診療と行政
  2. 高速道路が次の注目?
  3. ハザードマップ
  4. 宗教のお話
  5. 大麻バブル
  6. 相続大改正
  7. RIZAPはネタだらけ
  8. 農林中金、再び
  9. 車は、消費税値上げ後が買い?
  10. アマゾンと私物レコードと奇跡の本屋
  11. 新日本プロレス

5.大麻バブル

2009年11月の『VIPミーティング』で、大麻解禁の可能性の話をした時には、「おまえ、狂ったか?」という反応が多かったですが、今では、大麻バブルの様相です。

4.Q&A

忙しい中、時間を作り世界各地へ旅行されていらっしゃいますが
岡本さんのご旅行は「●●へ行きたい!」という長年温めてきた
思いなのか、それともふと湧いてきて行先を決めるのか?
世界情勢などで「今観ておかなければ...」なのか?
どのように決められていらっしゃるのですか?

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『ジョン・ウェイン』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言