有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2018年11月27日 696号

1.TAROの独り言


息子とすし屋に行く。
最後に、いくらを追加で頼んだ。
息子は不思議そうに聞いた。
「あれ?お父さん、いくら嫌いじゃないの?」

2.TAROくんの独り言拡大版

■ブログをやめた

当社のオフィシャルページで時々書いていたブログをやめました。
これが最後のブログです。
この最後のブログで、やめる理由はしっかり書き切っているわけですが、実は、こういうのはインチキです。
もちろん、書いた理由は、本当です。
でも、距離のある言葉。本音だけど、本音ではありません。
距離のある言葉・・・というのは、「わたし」がいない言葉だということです。

3.まーけ塾レポート(2018年10月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ネット診療と行政
  2. 高速道路が次の注目?
  3. ハザードマップ
  4. 宗教のお話
  5. 大麻バブル
  6. 相続大改正
  7. RIZAPはネタだらけ
  8. 農林中金、再び
  9. 車は、消費税増税後が買い?
  10. アマゾンと私物レコードと奇跡の本屋
  11. 新日本プロレス

10.アマゾンと私物レコードと奇跡の本屋

アマゾンのホールフーズ買収は、NBに関わる大手企業に、大きな痛手を与えそうです。
ホールフーズは、健康志向を売り物にするスーパーで、NBはあまり扱っていません。
コカ・コーラをはじめとして、大手スーパーのどこにでもあるNBが、まったく見当たらないのです。

4.Q&A


いつもメルマガありがとうございます。
私たち中小企業は、お客様の声をできるだけ取り入れて新商品を開発してきたと思うのですが、まーけ塾レポートにありましたDNVB企業の戦略とそれとの大きな違いは何なのでしょうか?
効率化という名のもとに、できるだけ少数の定番商品を売り続けたい(どこかマスを狙っている)という甘さを徹底的に排除するということでしょうか。 そのためにプロダクト、ユーザー体験、データ活用を"完全連動"させると。 どうぞよろしくお願いします。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『レオナルド・ダ・ヴィンチ』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー