有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2019年10月15日 743号

1.TAROの独り言

(先週の続き)

恐る恐る電話をする。
おそらく、英語。
果たして、会話になるか?

ところが、相手は日本人。
一瞬安心したけれど、やっぱり言葉が通じない。
前提が分からないと、日本語だって全く通じないのだ。

そこで、また同じお願い。

私のすべきことを日本語で教えてください・・・・・。

 


2.どうして、こんなに予言的?

■掟の門

カフカの短編『掟の門前』を初めて読んだのは、高校生の頃だと思う。
確か、初カフカとなった『変身』の後に読んだと記憶している。

手塚治虫が『ザムザ復活』を書いたのは、私が中学3年生の時だが、手塚治虫のアノ話が、カフカの『変身』の借用であることに気付いたのは、ずいぶん後のことだったように思う。



3.まーけ塾レポート

【第三週】イイジマ薬局

長野県上田市の有名薬局『イイジマ薬局』は、門前薬局が乱立する中で、処方箋集中率が10%以下という時代の流れに大きく逆らった薬局です。

これは『イイジマ薬局』一人の力ではなく、そもそも上田市の薬剤師会が、効率の良い在庫を目指して門前薬局に走ることに異を唱えていることも大きいと思います。

 

 

4.Q&A

いつも楽しくメルマガを拝見しています。

早速ですが、「学歴」について質問です。
わが家には受験を控えている子どもがおりますが、本人は進学せずに働きたいようです。高学歴でなくとも立派な方がたくさんいるのは承知しておりますが、私としては、どんな仕事に就くにしてもある程度の学歴が必要だと考えています。岡本先生は、「学歴」は必要だと思いますか?
よろしくお願い致します。



5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『鈴木清順』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,320円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込550円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー