有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2018年12月11日 698号

1.TAROの独り言


白金の某フレンチで出された白ワインに感動。
その場で、ネットにて購入。

2.コブラツイストは、ツボに効く

■魔法願望

先月のシミュラークル話の続きが書きたい。

先月のお話は、ドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』の登場人物たちが、『週刊 少年ジャンプ』の登場人物のように動き回り、発言をすることに、私は驚いた・・・というものだった。
ボードリヤールの指摘など全然甘くて、生きている人々がシミュラークル化している。
それは、ゲームで生活をしている特殊な若者たちだけの話ではなく、私だって自分で気付いていないだけで、きっとそうなのだ。日本人なんて、もうみんなマンガ化している・・・・・・というのが結論だった。

3.まーけ塾レポート(2018年11月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. ほーら、再保険市場の悲鳴がはじまったよ!
  2. 白川元日銀総裁のインタビュー
  3. 2018年ノーベル賞で考える
  4. エンゲル係数上昇
  5. 雑誌のご臨終
  6. ベネチア行くなら今のうち
  7. 倒壊リスクと言うけれど・・
  8. ギグ・エコノミーと人手不足
  9. 寅さん復活
  10. ケント・ギルバート(笑)
  11. 新興宗教とモスバーガー
  12. 新しい市場は立ち上がっている
  13. プロレスもピンボールも復活
  14. 経済優先ならアジアしかない
  15. ヤマダ、一人負け

8.ギグ・エコノミーと人手不足

人手不足が東京で133万人と騒いでいます。
フランスでも、仕事のミスマッチから、失業率は高いのに(9%)、人手不足が起きています。
しかし、同時に、ギグ・エコノミーは拡大をしています。

4.Q&A


会社内で社員同士でのいざこざや、家庭問題で疲弊しているを社員を 察知した場合、岡本さんはすぐに何らかの対処をされますか?
それとも本人からの申し出がない場合は静観されていますか?
仕事に支障をきたすような場合は、やはりすぐに介入すべきでしょうか...。 度合いにもよるのでしょうし、回答しずらいかとは思うのですが いかがでしょうか。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『アニエス・ヴァルダ』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,320円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込550円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー