有料メールマガジン『週刊 岡本吏郎』

今週の目次 2011年9月6日 308号

1.TAROの独り言

宣伝です。

ダイヤモンド社からの
新刊『実学 中小企業のパーフェクト会計』が9月8日に発売になります。

2005年に『お金の現実』出版後、ニューオータニのレストランで高い昼飯を
ごちそうになりながら、「次の本を!」と声をかけていただき、
その数ヶ月後に書きはじめた本は2008年にキューバで後書きを書きました。

何と、書くのに3年もかかってしまったんですねー。
それから、今度は、ダイヤモンド社さんの事情がいろいろあって、
紆余曲折を経てやっとの発売です。

苦節6年ですね!すごい!!!!!!

2.理想は、ハイジのおじいさん

■レアメタル獲得に時間はない

ソニーに盛田昭夫氏の著書『学歴無用論』が、出版されたのは1966年。
受験競争の激化が始まった頃のことだった。

この本は・・・

3.まーけ塾レポート(2011年8月開催)

毎週この中から一項目抜粋して掲載します。

  1. 66世代と80~世代
  2. 「ナイトの不確実性」について学者が書いていたので・・
  3. 顔の検索が完成しているらしい・・
  4. 「やすらぎ」の提灯記事にもの申す
  5. 人口12万人減の衝撃
  6. 人の自動思考とロボット行動
  7. 2つのミセス・ワタナベなのだそうだ・・。
  8. NDFに注意
  9. みんなが長期円安を予測・・
  10. 世界の億万長者は最高に
  11. 蝶のはばたき
  12. 再び、2つの日本が現れた
  13. 衰退し始める前には、最も輝いて見える
  14. 80年代の書き手とエンゲル係数
  15. 日経ビジネスの「やり過ぎの効用」の記事
  16. なんだ~!!、セミナーで話したロボット化と同じような記事があるではないかい・・。

(6)人の自動思考とロボット行動

震災後増えているものがあります。

当社のスタッフで、恐らく、ずっと独身かな?と思っていた奴も、
6月に突如、「結婚することになりました」と報告に来ました。

思わず、「ナンダ、お前もか・・・」と言ってしまいましたが・・・

4.Q&A

岡本さん、こんにちは。
ひとつ、質問させていただきたいと思います。

最近、岡本先生のお話に「恐怖心」が出て来ない気がするのですが、今はどんな具合に恐怖心と付き合っていらっしゃるのでしょうか?

「不安坊主」以降、どんな風に恐怖心との付き合いが変化していったのか、教えていただければと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

5.しょせん人の言葉  しかし、気になる言葉

『 平川克美 』

6.砂漠の中から本を探す

7.TAROの迷い言

8.プレゼント

『週刊 岡本吏郎』お申し込みはこちら

『週刊 岡本吏郎』ゴールド 1,200円(税込1,296円)/月

"ノーマル"の内容に加え、「今月の"まーけ塾"」、「TAROの迷いごと」 が読める豪華版です。

『週刊 岡本吏郎』ノーマル 500円(税込540円)/月

『週刊 岡本吏郎』の通常コースです。

メルマガ目次 バックナンバー